夜の本気ダンス「INTELLIGENCE」は上手いことやってる

INTELLIGENCEのジャケット写真
夜の本気ダンス「INTELLIGENCE」(2017)

2017年10月11日発売、夜の本気ダンスのアルバム「INTELLIGENCE」の感想。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

感想

自分たちのルーツ音楽を表現することと、日本のバンドシーンへの対応との狭間で、上手いことバランスを取りながら作った作品だなと。

シングルで出した曲は、これぞ夜ダンというダンスナンバー「TAKE MY HAND」や、ポップに振り切って作った「SHINY」などテンポの速い、いわば「いかにもライブ映え」しそうな楽曲。

一方で今作にアルバム曲として収録された楽曲は、彼らのルーツである00年代初頭のロックンロールリバイブル(フランツ・フェルディナンドなど)を意識したテンポゆったりめのダンスナンバーもあれば、まさにロックンロールといった感じのガレージ風の曲もあったり、バラエティに富んでいる。

「Eve」や「Can’t You See!!!」はいままでの彼らからすると、かなりテンポを落としていて、どちらかというと「タテ」で踊らせるのでなく、「ヨコ」で踊らせようとしてる。

「高速テンポ+四つ打ち」っていう、速効性のある楽曲(言葉が悪いが、無理矢理踊らせるような曲)ではなく、リズムを工夫することで自然と身体が揺れるような楽曲を意識して作っているんだろうなと。

ただ、シングルでこういう曲を切るにはまだ早いという意識があるのだろうか。
そこら辺は「夜の本気ダンス」というバンド名をつけてしまった弊害もあるのかなと感じたり。

少しびっくりしたのは「Heart Beat」。
キラキラしたポップスに仕上がっていて、こういう引き出しもあったのかと。曲名といい、GOING UNDER GROUNDかと思った。

あとは、「Call out」→「Eve」、「BIAS」→「Weekender」はシームレスに繋がっていて、単純にかっこいいなと。
アルバム単位として作品を仕上げようという意識が伝わってくる。

全体を通して言えるのは、どの曲も「サビがわかりやすい」ということ。
ここら辺は、凄く日本人的な感覚。

曲の構成をみると、「Aメロ→Bメロ→サビ」っていうJ-POP的な構成よりは、Bメロをすっ飛ばした「ヴァース→コーラス」という洋楽的な構成を好むバンドだけど、「サビ=コーラス」の部分がどの曲もキャッチーなメロディで明快。
冒頭に述べた「日本のバンドシーンへの対応」を一番感じるのはこの部分。

前作以上にバラエティ豊かな楽曲が収録されているし、「みんなが想像する夜の本気ダンス」っていういかにもな楽曲もちゃんとある。

伝えたい事もきっと
変わってく だけど
その度に僕はぎゅっと
とびきりのROCKを

「Eve」

どんなタイプの曲をやっても、根底にあるのはロックンロールだと彼らは宣言してる。
だったら、個人的にはもっと自分たちのルーツに振った作品を出しても面白いかなと思うけれども。

収録曲

1.Call out
2.Eve
3.Bye Bye My Sadness
4.TAKE MY HAND
5.Can`t You See!!!
6.Without You
7.Heart Beat
8.SEA
9.SHINY
10.BIAS
11.Weekender
12.LIBERTY

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする