UNISON SQUARE GARDEN「CIDER ROAD」


UNISON SQUARE GARDEN「CIDER ROAD」(2013)

スポンサーリンク
レクタングル広告大

感想

ジャケットのハリネズミが可愛い。UNISON SQUARE GARDENの4thフルアルバム。
前作「Populus Populus」は彼らの集大成といえる作品。そこからどういう展開を見せていくか期待していた。
今作はアレンジ面で前作と違いがみられる。いろいろな楽器を使用。
元々ポップな楽曲が更にポップ色を増した。キラキラしている。

炭酸が弾けるようなギターフレーズから始まる「to the CIDER ROAD」

その目を離さないで さあ 次はどこへ、どこへ行こう?

「to the CIDER ROAD」

こちらも気になります。ユニゾンがどういった活躍を見せてくれるのか。
目を離しません、いや離せません。

イントロから全速力の「ため息 shooting the MOON」
彼ららしいキメがふんだんに使われている。
Aメロのラップ並に畳みかけるフレーズが色々と面白い。
田淵さんの言葉選びは本当に独特。少年性を保ち続けている。

疾走感の中に切なさが光るシングル曲「リニアブルーを聴きながら」
「オリオンをなぞる」に続き、アニメ「TIGER&BUNNY」に使用された。

諦めちゃったら届かない 史上最重要な
明日がきっとあるから 今日を行け、何度でも、メロディ

「リニアブルーを聴きながら」

凄く前向きな歌詞。ここまでストレートな言葉はユニゾンでは珍しいかも。

ホーンアレンジがポップさを生んでいる「like coffeeのおまじない」
軽快なサウンドに管楽器の音が絡み合って、おそろしくポップ。

親しみやすいで自然に耳に馴染む「お人好しカメレオン」

片手間ブックマークして それは本当に答えなのか、と君は喋る

「お人好しカメレオン」

お人よしは良いことなのか、悪いことなのか。
誰でも、何でも、「お気に入り」に登録して、個性死んでない?

斎藤さんのハイトーンボイスが輝くミドルチューン「光のどけき春の日に」
コーラスも目立つ楽曲で、曲名通り春の陽気のように優しい曲。

「君」に恋する「僕」の気持ちを歌った「クロスハート1号線(advantage in a long time)」
Cメロ終わりの、ボーカルのリフレイン→ギターソロという流れがとても格好いい。

アグレッシブなギターサウンドとどこか懐かしいメロディが特徴の「セレナーデが止まらない」
緊張感漂う間奏が聴き所か。

話題の知った風な ラブソングなんかで
何十億分の1なんて当たるわけないのに

「セレナーデが止まらない」

J-POPに飲み込まれた人達には、耳の痛いフレーズですね。

ポップセンス全開のシングル曲「流星のスコール」
ユニゾンの曲の中では、割とシンプルな楽曲。
王道の曲展開だが、メロディの良さがその分際立っている。

1stに収録の「MR.アンディ」の続編か「Miss.サンディ」
田淵さんが弾くメロディアスなベースラインが印象的。
ただ、「MR.アンディ」のような中毒性はないかな。

急かしたてるようなイントロ「crazy birthday」

常時の稽古並々じゃないんです 当たり前と思うな素人!

「crazy birthday」

プロは本当に血の滲む努力をしてるに違いない。それを言わないからプロなんだろう。

NHKの子供番組に使われてもおかしくないような「君はともだち」
ピアノの音色は綺麗だし、ストリングスもこの曲には合っている。
こういう曲を作ることができるのは進化の証か。

イントロから疾走感あふれるユニゾンらしいナンバー「シャンデリア・ワルツ」

何度も繰り返す 死んじゃうまできっと
悲しい事でも何でもない その度に君は大人になる

「シャンデリア・ワルツ」

別れがあり、出会いがある。これから先も何度も別れがあるだろう。
ポジティブに考えていこう。成長の糧になると信じて。

このアルバムで初めて、オリコンウィークリーチャートトップ10入りを果たす。
それも納得のポップさ。まあ、以前からポップなのでようやく気付かれたと言うべきか。
アレンジ面で、ホーンやストリングスといった今まで使ってこなかった楽器を使用したことにより、楽曲に華やかさが増した。

しかし、必要性はあるのだろうか。彼らは3ピースというシンプルな構成でも十分ポップだった。
ギター、ベース、ドラムというシンプルな構成から繰り出されるエッジの効いたサウンドで、ポップなメロディを鳴らしていたからこそ、稀有な存在だったのではないか。
余分なものを使う必要はない。音楽において足し算は、必ずプラスになるとは限らない。

少し、厳しめに書いたところもあるけど、楽曲のレベルの高さは流石の一言。
好みで言うと、ポップとロックのバランスが良かった前作の方が好きかな。60分を超える長さも、重さを感じさせる。
彼らならもっと上のステージに行ける。僕はそう信じている。
このアルバムはその助走としての実験作なんだろう。今後も目が離せない。

【収録曲】
1.to the CIDER ROAD
2.ため息 shooting the MOON
3.リニアブルーを聴きながら
4.like coffeeのおまじない
5.お人好しカメレオン
6.光のどけき春の日に
7.クロスハート1号線(advantage in a long time)
8.セレナーデが止まらない
9.流星のスコール
10.Miss.サンディ
11.crazy birthday
12.君はともだち
13.シャンデリア・ワルツ

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする