つばき「雨音」

2005年メジャーデビュー3人組ロックバンド、つばき。
彼らの最初のフルアルバム「あの日の空に踵を鳴らせ」収録、名曲「雨音」。
梅雨の時期に聴きたくなる。

めちゃくちゃ助けられた。心の中を歌ってくれてるんだと思った。
ありがとう一色さん、これからも聴き続けるよ。

生きていれば理不尽なことを要求される。

「やれないことをやれと言われるのが仕事だ」

こんなことを私の母がよく話していた。まさにその通りだと、社会人になって思った。
「できるものならお前がやってみろよ」と言い返したいが、できない。
自分の脳内だけで言い返し、満足する。

毎日毎日そんなくだらない茶番の繰り返し。なんの意味があるんだ?
体裁のいい言葉。いわゆる「きれい事」が飛び交う毎日。
誰もが皆、自分を守るために息を吐くように使うきれい事の数々。

慣れというものは怖い。自分もいつしかきれい事の使い手になっていた。
本心なんて伝えたところで、何の役にも立たない。
一時の感情なんて邪魔だ。その場を何とか取り繕えればそれで良い・・・。

「全てがきれい事に聞こえる そんな夜は目を閉じるだけだ」

夜が明ければ、またリセットできると思っていた。
でも、そんな簡単にいくものではないらしい。悪いこと、嫌なことほど、鮮明に記憶に残る。

「積もる不安は消化できずに 理由を隠したまま 先へ行こうとする」

大人ってのは大変だ。こんな日々があと40年以上続くのか・・・。

ただ、日々を過ごしていれば言葉に助けられることもある。
本音をぶつけ合える人達もいる。少ないかもしれないけど。

「それでも信じれる言葉探す それでも信じれる自分を探す」

憂鬱な日々でも、自分が放つ言葉は信じていこう。
例え相手に理解されなくても。
周りの「きれい事」に流されているような時間はもう残っていないんだ。

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告大