さよならポエジー

さよならポエジー「前線に告ぐ」

投稿日:


さよならポエジー「前線に告ぐ」(2016)

~才能がない、なんて言わせない~

昭和の文豪のような詞が印象的な神戸出身のバンド、さよならポエジー。初のフルアルバムの感想。

音楽を聴くときに、何を重視するかは人それぞれだと思う。
曲全体を包括的に捉える人もいれば、音を重視して聴く人、歌詞を重視して聴く人など様々だ。
そんな中で今回紹介する、さよならポエジーは歌詞を重視して聴く人におすすめしたい。

独特の感性で紡がれる、美しい日本語の詞。内向的でありながらも、少しだけ前を向いている。
全てを語るわけではない、読み手の想像を膨らませる歌詞。

「仕掛け無し、に、死角無し。」

上記の言葉をテーマに掲げ、小細工なしに曲を届けるバンド。

スポンサーリンク

楽曲の話

シンプルに力強いバンドサウンド。すごく凝ったフレーズはないけど、引き締まったバンドの一体感を感じる音。
いわゆる「踊らせるロック」ではない。歌詞の複雑さとは対照的に、無駄をそり落としたサウンド。

実際、ライブで生で観たこともあるけど、観客の手は挙がらないし、爆音で鳴らされる音にみんなじっと耳を傾けているだけ。
このバンドにとって、届けたいのはボーカルであるオザキアユの歌なので、バンドサウンドは歌を支えるものでしかない。

PVが作られている「二束三文」、「前線に告ぐ」が比較的ゆったりとしたテンポなので勘違いされそうだが、基本は8ビートのリズムを基調とした疾走感あふれる曲が多い。
それだけに、後半のゆったりした曲の存在感が増しているのがこのアルバム。
個人的には、オザキアユの冴えわたる日本語詞がじっくり味わえるゆったりとした曲の方が、好み。

オザキアユの歌声は、気だるさを感じさせる歌声。どこか、のっぺりまとわりつくような。
歌詞から感じる日常感にマッチした、平熱のボーカル。

歌詞の話

シンプルな演奏に乗っかる、日本語にこだわった、文豪のような歌詞。これが、さよならポエジーの魅力である。
他のバンドからは絶対に聞くことができない、圧倒的な個性をもった詞。
PVがある「前線に告ぐ」の冒頭の詞を聴くだけでも、その個性が分かると思う。
韻を踏みながら繰り出される、小説を読んでいるかのような言葉の数々。

歌詞をざっくり読むと、言葉の意味自体が難しく、何について歌ってるかよく分からないかもしれない。
でも、行間を読んだりして、必死に意味を探ってみたくなる歌詞。

歌詞カードを開いて、聴きたくなるような音楽がいまどれだけこの世に存在しているのだろうか?

以下、気にいったフレーズを羅列したいと思う。
まずは、共感したフレーズ。

「愛さないでいた 大作でもない駄作達を捨てれないのです (万年不眠のテーマ)」
「舞台上で怒鳴る音楽に暮れる日常は それなりの疲弊と情のロマンス (拘束のすべて)」

言葉選びが秀逸だなと思ったフレーズ

「愛書と戦争服 刻み切った前髪も 内向的 推敲を漂う日々も 空腹も 綺麗な耳朶も まあ すべて愛しい人間だしな (金輪際)」

心に突き刺さったフレーズ

「でもそれなりの才能で 俺は俺を救ってやろう 苦悩の割に実りのない この感性を愛している (二束三文)」
「ぬるい才能で 不満を吐いた 疲れていって いつかは俺が (生活について)」

他にも、いいフレーズはたくさんある。人によって、刺さるフレーズが違うと思うので、ぜひ手にとって聴いてほしい。

色んな人に薦めたいとも思うし、自分の中だけに閉まっておきたいとも

ほんとに良いバンドだし、才能があると思う。それゆえに、今のまま変わらない音楽をやっていってほしいと思う。
ただ、変わらないモノなんてこの世にない。
どんなバンドも、「初期のほうがよかった」なんて声は無限に聞く。売れているバンドほど多く聞く。

でも、可能性を信じてみたいとも思う。このバンドが変わらないで、上に登っていくことを。

1.Nuts
2.邦学のススメ
3.觜崎橋東詰に月
4.SHIKEMOKU CITY
5.万年不眠のテーマ
6.拘束のすべて
7.金輪際
8.二束三文


9.前線に告ぐ

10.生活について

スポンサーリンク

レクタングル大

レクタングル大

-さよならポエジー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

関連記事はありませんでした

プロフィール

著者:S.S
1990年生まれ。愛知県出身。

邦楽アルバムの感想とコラム記事を中心に書き殴っていきます。
特にロキノン系といわれるジャンルを好んで聴く。

カテゴリー