特集記事

【ロッキン2017】「○○がGRASS STAGEはおかしいだろ」という意見を見かけたので、とあるデータを調べてみた

投稿日:

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017のタイムテーブルが発表された。
反応を見てみると、色んな意見が飛びかっている。

「あのバンドがメインじゃないのはおかしい」とか、「アイドルがメインステージかよ」とか。

確かに言いたいことは分かるし、感情が入ってしまうところはしょうがないと思う。
だけども、自分は大人だ。客観的な情報をもって、判断しようじゃないか。

「データ提供」ということで、メインステージの「GRASS STAGE」出演者のアルバム売り上げを調べてみました。

「GRASS STAGE」の収容人数は約6万人。これを埋めるためには、当たり前だが人気者である必要がある。
人気者を表す指標として「アルバム売り上げ」というデータを使うことで、メインステージに出演するのが妥当なアーティストなのかを調査。

また、今後メインステージに上がってくるのは誰なのかを探るために、次に大きい「PARK STAGE」、「LAKE STAGE」出演者についても同様に調べてみました。

※注意事項
・今回集計に使ったのは、公平を期すために「直近オリジナルアルバムの初週売り上げ」になります。
・「アーティスト名、発売年月日、直近発売オリジナルアルバム名、初週売上枚数」というデータの並びです。
・アルバム発売時期の違いなどから、一概に比較は難しいと思いますが、参考までのデータということでご容赦ください。

スポンサーリンク

8/5 GRASS STAGE出演者

ゴールデンボンバー→2015年発売「ノーミュージック・ノーウエポン」、約4.8万枚
Dragon Ash→2017年発売「MAJESTIC」、約2.2万枚
Suchmos→2017年発売「THE KIDS」、約7.5万枚
MONOEYES→2015年発売「A Mirage In The Sun」、約3.4万枚
back number→2015年発売「シャンデリア」、約17.3万枚
マキシマムザホルモン→2013年発売「予襲復讐」、約15.7万枚
B’z→2015年発売「EPIC DAY」、約21.0万枚

(参考)8/5出演者平均、約10.2万枚

8/6 GRASS STAGE出演者

WANIMA→2015年発売「Are You Coming?」、約2.3万枚
KREVA→2017年発売「嘘と煩悩」、約1.1万枚
10-FEET→2012年発売「thread」、約2.7万枚
エレファントカシマシ→2015年発売「RAINBOW」、約1.3万枚
[Alexandros]→2016年発売「EXIST!」、約5.9万枚
ゆず→2016年発売「TOWA」、約6.6万枚
桑田佳祐→2011年発売「MUSICMAN」、約27.3万枚

(参考)8/6出演者平均、約6.7万枚

8/11 GRASS STAGE出演者

the HIATUS→2016年発売「Hands Of Gravity」、約2.4万枚
NICO Touches the Walls→2016年発売「勇気も愛もないなんて」、約1.0万枚
クリープハイプ→2016年発売「世界観」、約1.6万枚
ももいろクローバーZ→2016年発売「白金の夜明け」、約8.1万枚
KICK THE CAN CREW→2004年発売「GOOD MUSIC」、約8.0万枚
Perfume→2016年発売「COSMIC EXPLORER」、約12.3万枚
サカナクション→2013年発売「sakanaction」、約8.3万枚

(参考)8/11出演者平均、約5.9万枚

8/12 GRASS STAGE出演者

欅坂46→アルバム未発売(参考:直近シングルは2017年発売「不協和音」、約63.2万枚)
miwa→2017年発売「SPLASH☆WORLD」、約3.1万枚
KANA-BOON→2016年発売「Origin」、約2.1万枚
RIP SLYME→2015年発売「10」、約0.9万枚
きゃりーぱみゅぱみゅ→2014年発売「ピカピカふぁんたじん」、約4.8万枚
ポルノグラフィティ→2015年発売「RHINOCEROS」、約4.2万枚
RADWIMPS→2016年発売「人間開花」、約20.4万枚

(参考)8/12出演者平均(欅坂46を除く)、約5.9万枚

結果が出揃いました。

「直近オリジナルアルバム初週売り上げ」が上位の5組については赤字。下位の5組については青字にしております。

ちなみに、全日程の「GRASS STAGE出演者(欅坂46除く)、直近オリジナルアルバム初週売り上げ」の平均は約7.2万枚でした。

売り上げだけで判断するのはどうかとも思うけど、確かにメインにいるのが疑問符のつくアーティストもいる。
もちろん、日程の兼ね合いや過去の実績を考慮したメンツだということは理解できる。
ただ、データでみると下位5組は厳しい。

好きなバンドもいるだけに、なんとも言えない気持ちになる。

では切り替えて、GRASS STAGEに次ぐ大きさの「PARK STAGE」、「LAKE STAGE」からメインにあがる可能性がある人達をピックアップしたい。

「PARK STAGE」,「LAKE STAGE」出演の「直近オリジナルアルバムの初週売り上げ」上位10アーティスト

ナオト・インティライミ(8/5出演)→2016年発売「Sixth Sense」、約3.0万枚
LiSA(8/5出演)→2017年発売「LiTTLE DEViL PARADE」、約2.9万枚
SCANDAL(8/6出演)→2016年発売「YELLOW」、約2.9万枚
ユニコーン(8/5出演)→2016年発売「ゅ 13-14」、約2.5万枚
VAMPS(8/11出演)→2017年発売「UNDERWORLD」、約2.5万枚
スキマスイッチ(8/12出演)→2014年発売「スキマスイッチ」、約2.2万枚
THE ORAL CIGARETTES(8/5出演)→2017年発売「UNOFFICIAL」、約2.1万枚
SILENT SIREN(8/11出演)→2016年発売「S」、約2.1万枚
MY FIRST STORY(8/11出演)→2016年発売「ANTITHESE」、約1.9万枚
04 Limited Sazabys(8/11出演)→2016年発売「eureka」、約1.9万枚

「若手バンド頑張ってくれよ・・・」という結果になってしまった。

KEYTALKとか、BLUE ENCOUNTとか、キュウソネコカミといったバンドが入ってこない結果に厳しさを感じる。

フェスで圧倒的なパフォーマンスを見せて、見返してほしい。

また、女性アーティストの売り上げが多くて、面白いなとも思ったり。
固定のファンがいて、ちゃんとアルバムを買うんだろうなと。
ただ、フェスという大勢のお客さんが来る場だと、みんなが知ってるヒット曲はないのでメインは厳しいという判断か。

あと、ナオト・インティライミってこんな売れてたのか。いまいちどの層が買ってるか分からない。

上記の10組を見ると、現時点でメインステージに文句なしに上げられるのはいないなという感じ。
過去の実績を考慮すると、強いて言うならユニコーンか。実際に前回はメインだったし。

というわけで、個人的には今回のメインステージに特に不満はありません・・・。

ちょっと待て。

忘れてたけど、もしかしてさらに小さいステージで、売れてるのいるんじゃないか?

で、いました。

ランキングで発表してみよう。
(SOUND OF FOREST、BUZZ STAGE、WING STAGE、HILLSIDE STAGE、出演者から選出してます)

第3位 さユり(8/6出演)、2017年発売「ミカヅキの航海」、約2.3万枚

第2位 Aimer(8/11出演)、2016年発売「daydream」、約4.0万枚

第1位 Little Glee Monster(8/6出演)、2017年発売「Joyful Monster」、約4.1万枚

「おい、ナオト・インティライミ超えてるじゃねえか・・・」

結論

メインステージに出たいなら、

「圧倒的に」売れろ。

有無を言わさず、数字で叩きつけてやれ。
とりあえず、初週売り上げは5万枚を目指そう。

スポンサーリンク

レクタングル大

レクタングル大

-特集記事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

2014年現在 ギターロック界隈で流行っている「四つ打ち」について書いてみました。

最近、四つ打ちの曲ばかり聴いている気がします。 聴きすぎて、エイトビートがどんなリズムなのか忘れそうになるほどです。 四つ打ちが若手ギターロックバンドで多用され始めたのはここ数年の傾向だと思います。 …

邦ロックを愛聴する僕が選ぶ、初夏に聴きたい10曲

今年、参加する夏フェスのタイムテーブル見ながら、ニヤニヤしてるみなさん。 気持ち分かりますよ。やっぱり、フェスは夏が良いですよね。 ということは、夏はロックの季節ですよね。多分。 というわけで、邦楽ロ …

日本3大「テレキャスター」がタイトルの曲

エレキギターの種類は、めちゃくちゃたくさんある。 有名どころだと、レスポールとか、ストラトキャスターとか。 中でも、人気があるのが「テレキャスター」というギター。 こんな形をしたギターのことだ。 サウ …

岡崎体育「どうぶつさんたちだいしゅうごうだわいわい」ということで、動物がタイトルの曲を大集合させてみた。

岡崎体育の2ndアルバム「XXL」収録の「感情のピクセル」という曲。 ラウドロックシーンをパロディしたメロディ、PV。 そして、サビの意外性をもったインパクトが話題になった楽曲。 「どうぶつさんたちだ …

邦ロック好きが選ぶ、秋に聴きたい15曲

9月になりました。 季節は「夏」から「秋」へ移り変わっていく・・・。と言っても、まだ滅茶苦茶暑いですが。夏なんですが。 アパレル業界ではないですが、季節を先取ってしまおうということで、邦楽ロック好きの …

プロフィール

著者:S.S
1990年生まれ。愛知県出身。

邦楽アルバムの感想とコラム記事を中心に書き殴っていきます。
特にロキノン系といわれるジャンルを好んで聴く。

カテゴリー