【ライブレポ】2017年参加夏フェスの感想まとめ(ロッキン、サマソニ、トレジャー)

さて、今年もいくつかの夏フェスに参加してきました。

この夏の備忘録として、私が参加した夏フェスの感想まとめを。
早速ですが、書いていきます。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017

参加日
2017年8月5日

観たアーティスト
My Hair is bad
Dragon Ash
赤い公園
Suchmos
MONOEYES
back number
大塚愛
B’z

個人的ベストアクト

B’z

詳しくはこちらの記事を読んでいただければ。

ラスボス感が半端なかった。
セトリも新旧織り交ぜたものになっていて、誰もが楽しめたと思う。

次点は、My Hair is Bad

朝一には熱ぐるしいほどの熱量。
出し惜しみ一切なしの「イマ」を大切にしたパフォーマンス。

観れば必ず期待を裏切らないライブバンドでした。

あと、赤い公園を観れたのは良かった。
全然、ボーカルが脱退しそうにない雰囲気だったのは彼女達らしかったです。

全体の感想

3年連続の初日参戦となったが、初めて朝一に間に合った。
(渋滞に巻き込まれて、過去2年は間に合わず)

朝一にお目当てのアーティストがいる人は、余裕を持ちすぎるぐらいの時間で行くと良いと思う。
天候は雨が降りそうな感じだったけど、結局降らず。
そのためか、気温もそこまで上がらず過ごしやすい一日に。

印象に残っているのはSuchmos
初出場でメインステージという大抜擢。

だが、まったく気負うことなく普段着のパフォーマンスを見せていた。

ロッキンは、ここ数年で色々なジャンルのアーティストが来る間口の広いフェスになっている。
だからこそ、BPMゆったりめのSuchmosみたいなバンドがメインステージに出演しても違和感はそこまでない。

「わかりやすいノリ=手を挙げたり、手を叩いたり」があまり見られない客席は新鮮だった。
客が思い思いに揺れている光景。これも音楽の楽しみ方なんだと、気付かされた。

SUMMER SONIC 2017 大阪

参加日
2017年8月19日

観たアーティスト
CIRCA WAVES
INABA/SALAS
ALL TIME LOW
ROYAL BLOOD
MAN WITH A MISSION
BABYMETAL
FOO FIGHTERS

個人的ベストアクト

FOO FIGHTERS

「世界一のライブバンド」との呼び声に疑いなしの貫禄のライブ。
1曲目のALL MY LIFEからラストのEverlongまで、人気曲を中心にしたセトリは文句なし。
力一杯熱唱するデイヴ・グロールは噂通り「漢」と書いて「おとこ」と呼ばせるタイプの人物だった。
欲を言えば、曲を長くさせるアレンジを抑え気味にしてもらえれば、あと数曲やれたかなと。

次点は、ROYAL BLOOD

ベースとドラムだけとは思えない音圧、そしてマイク・カーのボーカルの安定感が物凄い。
ただただ、パワフルでタイト。
日本では出現しないタイプのアーティスト。
未知との遭遇感は今夏で一番だった。

ALL TIME LOWも良かったんだけど、セトリが新作モードだったので、初めて見た自分にとっては他にも聴きたい曲があったかな。

全体の感想

初参加のサマソニ。まず、暑かった。
地面がコンクリートだったので、照り返しがキツい。

いわゆる、ディッキーズ履いてるようなライブキッズは少なめ。
一方で、外国人の方が多く来ていた。

車を夢洲駐車場に停めて、シャトルバスで舞洲に向かったけど、行きも帰りもバスの待ち時間はほとんど無かったのは良かった。

海外のアーティストが来るフェスだけど、良くも悪くも「日本のフェス」なんだなという印象。

BABYMETAL、MAN WITH A MISSIONは観客も多かったし、すごく盛り上がっていた。
何ならFOO FIGHTERSより盛り上がっていたかもしれない。
なんか寂しい気はするけど、仕方ないか。

近い将来、サマソニのトリは日本人のアーティストになるのかもしれない。

TREASURE05X 2017 -MARCH OF TIME-

参加日
2017年9月3日

観たアーティスト
感覚ピエロ
アルカラ
KANA-BOON
175R
フレデリック
LiSA
SHISHAMO
BIGMAMA
BLUE ENCOUNT
9mm Parabellum Bullet
SiM

個人的ベストアクト

フレデリック

前から観たいと思ってて、ようやく観れたバンド。
想像以上に良かった。

演奏が引き締まってるし、音の一つ一つがフレデリック節。
無理矢理踊らせるのではなく、自然と体が揺れるメロディにサウンド。
おそらく、もっと大きいステージでいずれ観ることになると確信した。

次点は9mm Parabellum Bullet

ここ5年ぐらい毎年、一度は生で観ているバンドだけど、いつ観てもかっこいいライブをしてくれる。
新作「BABEL」の曲を中心としたセトリなのも、アルバムツアーに参加していない自分にとっては良かった。

全体の感想

おそらく1日参加するごとに、1日寿命が縮むと思われるのがこのフェスの特徴。
その原因は、浜辺開催による砂ぼこりのせい。

サマソニと違って、客のメイン層はディッキーズにアンダーアーマーが制服のライブキッズ。
愛知のライブキッズが大集合する。
そのため、ダイブは起きる、サークルも当然出来るということで、砂ぼこりが無限に供給される。
肺が弱い方は、参加を見送るのが賢明なフェス。

自分が参加するフェスの中でもキッズ感が強いけど、こういうフェスも年に1回は行っときたいと思うところに、自分の中にまだキッズはいるのかもしれない。

個人的に印象に残っているのは、9mmの時の客の入りがいまいちだったこと。

トリ前だったということもあるだろうけど、少なかった。
そのおかげで、かなり前方でもストレスなく観れたけども。

20歳前後の人達からしたら、9mmは過去のバンドになりつつあるのかもしれない。
自分も年を取っていくわけだ。

まあ、年なんて関係ない。
今のバンドだろうが、昔のバンドだろうが好きになったバンドをこれからも聴いていきますよ。

最後に

来年もいくつかのフェスには参加したいと思ってます。
その前に、年末に参加するつもりなので、そのレポートも書けたらいいなと。
いや、書きます。

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする