リーガルリリー「the Post」から感じる才能と危うさ


リーガルリリー「the Post」(2016)

スポンサーリンク
レクタングル広告大

感想

某音楽番組で、このアルバムに収録されている「リッケンバッカー」が紹介されたことで知名度を上げた彼女達。

特に、注目されたのは独特な歌詞の世界観だ。
当時10代の女の子が書いたと思えない、「鋭さと柔らかさ」をあわせ持った独特の詞に注目が集まる。

どうしても、「3ピースガールズバンド」というと偉大な先輩の影がちらつくが、彼女達も単なるフォロワーなのか。

このアルバムからは、誰かから影響を受けたとは感じなかった。

瑞々しい感性が炸裂した、今後に期待したくなるデビューアルバムになっている。

楽曲の話

いわゆるギターロックというジャンルのバンドではあるんだけど、そんなにギターの音は強くない。
音作りとしては、歪みを抑えた軽めのギターサウンド。

リズム隊についても、激しい主張はないが、音の隙間を埋める演奏を終始している。

演奏自体はシンプルだが、アイデアがしっかり詰まった曲構成。

例えば、「リッケンバッカー」であれば、2段構えのサビを用いて、聴き手の予想を裏切ってくる。

他にも「ぶらんこ」のような凝った曲展開を見せる曲がある一方で、「White out」みたいな年相応の可愛いらしいポップスなんかもあって、掴みどころがない。

歌がない間奏部分で、リズムの変化で緩急をつけたり、がむしゃらに各楽器を力強く演奏する部分も多くあったりする。

どちらかというと、本人達的には「歌」よりも「演奏」を聴いてもらいたいと思ってるバンドだったりするのかなと。

あと、たかはしほのかの歌声がこのバンドが持つ「未完成感」を際立たせている。

「音程怪しいな」と思う部分も聴いているとあるんだけど、その不安定さがこのバンドの魅力。
曲の持つ危うい世界観に、この声が乗っかることで、どことない緊張感を生む。

歌詞の話

まず、特徴的なのは歌詞の鋭さ。小さい携帯用のナイフで、何度も突き刺すようにフレーズを重ねてくる。

ばかばっかのせんじょうに

「ジョニー」

おんがくも人をころす

「リッケンバッカー」

僕の嫌いな人間は全部壊したいよ

「魔女」

上記のような強いフレーズが何度も飛び出す。

使ってしまうのに躊躇してしまうようなワードを使えるのは若さゆえなのだろうか。
どちらかというと、身の回りの現実で起こっていることを歌にしているのではなく、頭の中で思い浮かんだ景色だとか記憶だとかを歌にしているように感じる。

使っている言葉は強いけど、いまは無邪気に思いついたフレーズを使って歌詞を書いてるんだと思う。
キャリアを重ねていったら歌詞が変化していくタイプの人なのかなと個人的には思った。

気になったのは「ジョニー」、「ぶらんこ」、「リッケンバッカー」の歌詞カード見ていただくと分かるんだけど、「ひらがな」がめちゃくちゃ多い。

自分が読んだ本に、「漢字を多用すると文が硬くなり、ひらがなを多用すると柔らかくなる」みたいなことが書いてあったけど、とんでもない。

自分は「怖い」と感じた。

特に「ぶらんこ」
誰かの手記を覗き見してるような感じがして、生々しかった。

これも、意図があるんだろうか。
今後も歌詞に注目していきたい。

危うさも同居する未完の大器

いまは、自由に音楽をやっているのが伝わってくる。

ただ、メジャーデビューして、自分達の音楽を売っていかなければならないとなった時に、どういう曲を書くのかなと楽しみでもあり、不安でもある。
独特の感性をもったバンドだと思うし、実際このアルバムの楽曲はどれも瑞々しくて、嫌でも今後に期待したくなる。

間違いなく大器。だけど、取り扱い注意。そんな、大きな可能性を秘めたバンドの始まりの一枚。

収録曲

1.ジョニー
2.ぶらんこ
3.リッケンバッカー
4.White out
5.魔女
6.好きでよかった。

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする