【KANA-BOON】アルバム「DOPPEL」全曲感想

DOPPELのジャケット写真
KANA-BOON「DOPPEL」(2013)

2013年10月30日発売、1stフルアルバム。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

全曲感想

1.1.2. step to you

アルバム一曲目にふさわしい、正に全力疾走といえる楽曲。
KANA-BOONお得意のサビの繰り返しも炸裂する、これぞKANA-BOONという楽曲。

歌詞は昔の彼女のことを思い出しまくろうとする。
PVが代表曲の「ないものねだり」と同じ場所で撮影されており、アンサーソングとなっている。

2.ワールド

切れ味鋭いギターリフから始まる楽曲。

印象に残ったのは、2番Bメロのこの歌詞。

君が言うように僕はただのどこにでもいる人間なのか?

「ワールド」

ここをシャウトしてからのギターフレーズが格好いい。
デビューしてとんとん拍子で階段を駆け上がる若者が、どこにでもいる人間のはずがないと思うんですけどね。

3.ウォーリーヒーロー

ライブで盛り上がりそうなノリの良い楽曲、少々ラウド風味。

サビ裏のギターフレーズがキレキレで素晴らしい。

歌詞とPVから分かるように、スマホ依存を皮肉った曲になっている。

現代的で 閉鎖的で
そのくせ繋がった気分になるんだって

「ウォーリーヒーロー」

繋がった気分になれるだけで、実際は上辺だけでペラペラな人多いのでは。

「ウォーリー」は「ウォーリーをさがせ」から取っているのだろう。
本当に大切なもの何か、見失うなよってメッセージが歌詞とタイトルに込められた意味ですかね。

4.MUSiC

タイトル通り音楽について歌った曲。

聞きたくないことばかり聞こえる世界だから
そんなものは聞こえないようにしてあげるよ

「MUSiC」

音楽の存在意義の一つではないでしょうか。
耳にイヤホン刺すだけで、別の世界にいけるような気がする。

5.東京

いままでの彼らの曲とは違って、ダークな印象を受ける。

毎日毎日、ネクタイで
首が締まって死にそうです

「東京」

地元の大阪から東京に出てきたKANA-BOONメンバーが東京について歌った歌詞に、自分を重ねる人もいるのでは。

6.白夜

明るい曲調の一方で、歌詞は中々暗い。

「白夜」とは、夜になっても太陽が沈まない現象のこと。
太陽が沈まない「白夜」と、深い心の底に沈んでいく「僕」の対比がおもしろい。

7.目と目と目と目

4つ打ちのリズムが気持ちいい。

歌詞のテーマは目。
監視社会について歌っているんだろう。

「ウォーリーヒーロー」といい、「DOPPEL」では社会に対する歌詞が増えている。

8.盛者必衰の理、お断り

メジャーデビューシングルであり、キラーチューン。
歌詞には「平家物語」、「寿限無」を引用するなどやりたい放題だが、異様に耳に残る。

メロディもどこか和風の雰囲気。
ギターフレーズとしては、イントロに用いられたオクターブ奏法が曲の勢いを出すのに一役買っている。

曲展開も間奏を2回入れるなど工夫がみられ、デビューシングルとして力を込めたのがよくわかる一曲。

9.夜をこえて

イントロのギターフレーズが美しい、とても幻想的だ。

「夜をこえて」というタイトルだが、ここでいう「夜」は心を閉じ込めた「僕」の比喩を意味しているのでは。
そう考えて聴くと、とても切迫感がある曲に聞こえる。

10.羽虫と自販機

明るい曲調に乗せて、君の存在が歌を歌う理由だと表明する一曲。

歌メロを変形させたギターソロが良い。
「ないものねだり」というフレーズが歌詞に入るのも、サービス精神があって良いね。

11.A.oh!!

ボーナストラックで、ほとんどが英語歌詞の一曲。
サビでは掛け声が起きるだろう、ライブで映えるに違いない一曲。

最後に

「KANA-BOON? 最近良く名前聞くよね。ノリが良いだけのバンドでしょ。」
なんて言ってる、そこのあなたに聴いてほしいアルバム。

このアルバムでオリコンウィークリーチャート初登場3位を記録。
インディーズ時代のミニアルバム「僕がCDを出したら」よりも、パワーアップしたアルバムとなっている。

基本的には、前作「僕がCDを出したら」を踏襲したライブ映えする楽曲が中心に収録されている。
アップテンポな楽曲はより力強さを増しており、歌の表現力も多彩になっていて成長したなと。

また、「東京」や「白夜」のようなボーカル谷口鮪さんの内面が窺える、いままでとは違った暗めな曲もある。
前作では個人的に歌詞で引っ掛かるバンドではなかったけれど、今作「DOPPEL」では思わず唸ってしまう歌詞もあったのが良かった。

1stフルアルバムとしてはかなりの出来と言って良いでしょう。

これぞ若者という青さで最後まで駆け抜ける。
正直羨ましい。

その若さと才能に嫉妬してしまうアルバムになりました。

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする