Base Ball Bear「光源」


Base Ball Bear「光源」(2017)

スポンサーリンク
レクタングル広告大

感想

湯浅将平脱退後、初のフルアルバム。3人になってもバンドは続いていく。

Base Ball Bearというバンドは、潔癖なまでにギターロックというフォーマットにこだわってきたバンドだ。
「2本のギター+ベース+ドラム」という大前提は崩さないまま、曲を作って来た。

その集大成が前作「C2」。ブラックミュージックの要素も取り入れたこの作品は、成長を感じさせる傑作となった。
その矢先のギター湯浅将平脱退である。さあ、どうしようか。

大前提が崩れた彼らは、新たな音を取り入れていく。
「すべては君のせいで」ではキラキラしたシンセ。「Low way」ではホーンの導入。

ただあくまでも、ギターロックという形式に、それらの音はプラスアルファするものでしかない。
従来のファンががっかりするような方向転換は行わない。彼らにとってギターロックは青春そのものだからだ。

詞を聴けば「大人になった青春」を確かに感じさせる。

しかし、「すべては君のせいで」のPVで彼らの作品にはお馴染みの本田翼を起用したり、「TRANSFER GIRL」なんて、このバンドのファンには嬉しいワードを使うのも、このバンドの主題である「Boy Meets Girl」というフレーズを歌うのも、彼らの青春はいまだに続いているからだ。

ところで、このアルバムの中で気になったのは「逆バタフライ・エフェクト」という曲。
ベースにメロディラインを任せて、ダンスロックを作るのはTRICERATOPSリスペクトなのかなと。

また、「並行世界」というワード。この曲は2016年末のフェスでも歌われていたのでたまたまかもしれないが、2017年に復活した小沢健二を思い出さずにはいられない。

絶対に言えるのは、この曲は湯浅将平が脱退してなければ生まれなかった曲だ。
4人で音を奏でてるパラレルワールドも存在しているのかもしれない。

以前、彼らの2ndフル「十七歳」の感想を書いた際、サブタイトルに「青春とは病気」と付けた。
このアルバムを聴いて、この病気は一過性ではなく、死ぬまで続いていくんだなと気づいてしまった。

学生の頃に感じた青春とは違うかもしれないけど、日々喜怒哀楽を感じて生きているなら青春は続いている。
私たちはどこかで気づいてしまっているのだ。

青春が終わって知った
青春は終わらないってこと

「どうしよう」

【関連記事】
2017年マイベストアルバム10

【収録曲】
1.すべては君のせいで
2.逆バタフライ・エフェクト
3.Low way
4.(LIKE A)TRANSFER GIRL
5.寛解
6.SHINE
7.リアリティーズ
8.Darling

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする