[Alexandros]「ALXD」

ALXD
[Alexandros] 「ALXD」(2015)

2015年6月17日発売、5枚目のフルアルバム。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

感想

改名後、[Alexandros]として初のフルアルバムということで。

「これからの[Alexandros]は、こういうバンドになっていくよ」ってのを提示したアルバムだと思う。

とにかく色んな曲をやっていくよ、っていう宣言。

「ワタリドリ」、「Dracula la」、「Run Away」のようなキャッチーで、幅広い層に受け入れられそうな曲もあれば、「ワンテンポ遅れたMonster ain’t dead」、「Dog 3」のようなロックバンドとしての力量を感じさせる曲もある。

インタビューで「勢いと計算の両方で成り立ってる作品になった」と言っていたが、まさにそんな感じ。

ロックバンドとしての勢いとクールさを兼ね揃えた作品になってた。

ただ、アルバムとしては既出曲が多すぎるかと。

まるでベストアルバムのような感じ、改名後初のアルバムということで名刺代わりにしたかったという気持ちは分かるけど・・・。

あと、アルバム曲でシングル曲に匹敵するような「ど真ん中にストレート投げました」的な曲があったら良かったなと思いました。

「Famous Day」がその役割だったんだろうけど、ちょっと曲が弱かったかな…。

[Alexandros]のファーストアルバムとして捉えれば及第点じゃないでしょうか、このバンドはこれからのバンドでしょう。

全曲感想

1.ワタリドリ

アルバム一曲目にして、いきなり代表曲からのスタート。

この曲が「ワタリドリ/Dracula La」という形で両A面シングルで発売されたとき、個人的には「Dracula Laの方が良いじゃん!」って思ったんだけど、まさか彼らのアンセムになるとは驚きです。

彼らが持つメロディの強さを前面に押し出した楽曲かと。

イメージとしてはU2のアルバム「All That You Can’t Leave Behind」の一曲目「Beautiful Day」のような位置づけらしい。
(一曲目に置くことで、これからのバンドの方向性を提示する役割を担うとのこと)

バンドの過去と未来を繋げるような歌詞も、1曲目にふさわしい感じ。

2.Boo!

エフェクトをかけて潰したボーカルと、デジタルっぽさとガレージっぽさをミックスしたサウンドが印象的。

「ワタリドリ」で彼らを知った人は、結構びっくりするんじゃないかと。

歌詞は彼ら得意の「這い上がり系」といった感じ。

早口すぎて歌詞が聞き取れないのは否めない。

3.ワンテンポ遅れたMonster ain’t dead

この曲はBメロじゃないですかね。ラップ?お経?、本人は「フィラップ(Fill Up)」と名付けているらしいが、よく舌噛まないな。

川上が作ったデモからセッションで作り上げたということもあり、各プレイヤーの手癖が曲に織り込まれている。

会社勤めもしていて、デビューが遅かった彼ら(=ワンテンポ遅れたMonster)のロックバンドをやっていく決意表明って感じの歌詞ですね。

4.Famous Day

高低差が目立つメロディアスなメロディ。

疾走感があって、夜の首都高を走っているときのBGMに似合いそう。

元々のタイトルは「Greatest Night」だったらしいが、サビに使っていた「Famous Day」というワードをそのまま用いることにしたそうだ。

歌詞としては、彼らの過去の楽曲「city」に通ずる自分探しソング。

5.Adventure

[Alexandros]に改名後、最初のシングルとしてリリースされた楽曲。

NIRVANA「Smells Like Teen Spirit」をいじっくったようなギターリフに、大袈裟なコーラス。

大きな会場で映える楽曲だと思う、個人的にも好きな曲ですね。

歌詞は、[Alexandoros]としての所信表明演説といった感じかな。

6.cant explain

シンプルに8ビートで鳴らされるロックナンバー。全英詞曲。

爽快なメロディの曲だけど、わりと歌詞は陰鬱な感じ。

説明できない自分の中の感情のやり場を探すというか。

7.Buzz Off (Interlude)

ゴリゴリのロックンロールインタールード。

サウンドの潰し方はガレージを意識しているっぽい。

8.Oblivion

前曲とは違い、清涼感あるサウンドアプローチとなっている。

シンプルに良い曲というか、驚きはないけど耳にすっと入ってくるのはメロディが良いからだと思う。

歌詞は若者に対するメッセージだろうか。

「Oblivion=忘却」というタイトル通り、過去を捨て去って未来へ。そして、いまを大切にしろ的な。

まあ、ありがちと言えばありがちかな・・・。

9.Leaving Grapefruits

いままでの彼らには無かったようなファンクっぽいリズム+泣きメロ。

ボーカルのリズム感もかなり独特な楽曲だと思う。

「別れの歌」ではあるけど、悲しさというより「お疲れ様感」を出したかったそうだ。

曲を聴いていてもその感じが出てるけど、この発想自体がモテる男からしか生まれる気がしないのですが・・・。

10.Dracula La

ループっぽい作りが癖になるカラフルなポップソング。

大サビ前の「ドラキュラ」の連呼がキュートで耳に残る。

この曲は好きですね、彼らの器用さが良く出てる気がします。

歌詞は特に語ることは無いな・・・。

11.Droshky!

「ゴリゴリのギターリフ+ホーン」ということで、彼らなりのロックンロール像を模索しているなという印象。

[Champagne]から[Alexandros]に改名が発表された直後に(武道館にて)披露された楽曲。

ちょっと能天気な感じがして、個人的にはそこまでって感じの曲です。

12.Dog 3

ドラマチックなイントロに中盤のメタル的展開と、彼らの演奏技術の高さが光る曲。

色々詰め込みました感が凄い、ハイカロリー。

過去の楽曲「Cat 2」の続編的な扱いかな。

「Cat 2」がどちらかというと軽い曲だったので、思いきり重い曲にしたらしい。

ラストの「シャキーン」みたいな音はダサい気がするぞ。

13.Run Away

[Champagne]名義でのラストシングル。

サビでのハイトーン、曲全体を通した強いメッセージ(特にCメロの歌詞)と、実に彼ららしい曲。

ラストでのピアノフレーズが次曲「Coming Summer」に繋がっている。

シングル曲としてアルバム終盤のハイライト的役割をしっかり果たしていると思う。

14.Coming Summer

元々は川上洋平が大学時代に作った曲らしい。

UKロックに影響を受けた彼ららしいグッドメロディ。

中盤のギターソロもドラマチックで良いですね。

アルバムラストの曲だからか、歌詞が凄い壮大な感じに。「急にどうした」って突っ込みたくなった。

曲の本当に最後の最後の方で奏でられるギターフレーズは、一曲目の「ワタリドリ」のギターフレーズを再度用いている。

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする