ONE OK ROCK「Eye of the Storm」

ONE OK ROCKというバンドに対して、特段思い入れの無い自分でも、このアルバムに対する諸々の感想を見ると色々と考えてしまう。

特に「ロックじゃない」という意見には考え込んでしまった。

そういう意見に対して肯定も否定もするつもりは全く無くて、この作品のどういう点を「ロックじゃない」と判断したのか。そこのところを凄く知りたくなってしまった。

やはりサウンドだろうか。ギターサウンドが控えめになっているのは間違いないだろう。それとも曲調だろうか。以前よりBPMが遅めになっていることも間違いないだろう。

ざっくり言ったら「激しくない」ということになるのかな。多くの人は「ロック=激しい音楽」と考えているということにもなるのか。

確かに、10代の頃の自分もそう思っていた様な気がするけど、そういう考え方から解放されたのはいつだったかな・・・。

なんてことをアルバム聴いている最中にも、ぐるぐる頭の中で駆け巡っていた。このアルバムを聴く前に色んなレビューを読んでしまったからか。

いまの時代、先入観なしで音楽を聴くのは難しい・・・。

個人的には、いままでの彼らの作品の中では聴いた回数が一番多い作品に既になった。でも、10代の頃にこの作品に出会ってたらそうはなっていなかったと思う。

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告大