岡崎体育

岡崎体育「XXL」

投稿日:


岡崎体育「XXL」

(2017)

~本当に音楽が好きなんだろうなあ~

「ミュージックビデオあるある」を歌った曲で、一躍有名になった岡崎体育。2ndフルアルバムの感想。

いまや、フェスに参戦すれば入場規制。バラエティ番組にも多数出演。人気者といっても差し支えない。
「お笑い芸人」的な立ち位置に思われがちだけど、アルバムを聴いてみると、色々なジャンルの音楽を詰め込んだ、音楽好きにも愛されそうな作品だと思った。

リード曲「感情のピクセル」がラウドロックのファンから非難を浴びていたようだけど、こういう曲は彼の一部分に過ぎない。
ロック、EDM、シティポップ、ラップなど、色々な音楽を咀嚼してきた男の気合の一枚。

音楽とは、「音に楽しむ」と書く。
いま、究極に音楽をしているのがこの岡崎体育という男だ。

スポンサーリンク

楽曲の話

アルバム前半は話題を集めそうな、いわゆる「ネタ曲」で構成。
一方、インタールードを挟んで、7曲目以降は比較的「真面目な曲」で構成されている。

前半部分で印象的なのは、リード曲の「感情のピクセル」と「Natural Lips」。

「感情のピクセル」は、これぞラウドロックというようなサウンドと力の抜けたサビの歌詞。
ラウドロックのフォーマットにのっとってしまえば、歌詞はどんな詞でも成立してしまうことを証明してしまった。
ただ、みんなも気づいていたことだと思う。物事には型があるのは常識。

「Natural Lips」は、日本語で歌っているのに英語に聞こえるという曲。
ファンキーなギターが格好いいのがムカつく。あと、すかした歌い方も。
PVなんかは、Suchmos「STAY TUNE」ぽさもあったりする。

で、上記2曲を聴いて思ったのは、こういうのを素直に笑える人は人生幸せなんだろうなと。
こんなんにいちいち怒りなんて表明してたら、毎日激怒することばかりだろう。
音楽なんて、所詮趣味で娯楽。楽しんだもん勝ち。

後半部分は、「鴨川等間隔」のようなUSギターロック的なアプローチした曲や「式」みたいな、しっとりと歌い上げるピアノバラードなど歌を重視したサウンドメイキング。
本当に、岡崎体育が聴いてほしいのは、こういった曲なんだろうなと思った。

凄く、人間らしいなと。
いるじゃん、本当はシャイなくせに、みんなの前では道化を演じるやつ。
アルバム全体から、岡崎体育の人間性を感じとれる一枚。

歌詞の話

曲ごとにテーマが違うので、上手くまとめられないけど、良いなと思ったのを挙げてみる。

「ちょっとズルして少し無理したい (Snack)」

「最近の子は・・・」と言われそうだけど、凄く分かるフレーズ。極端にはいきたくない。ぬるめのお湯につかる感じ。

「働いているのでなく働かせていただいてる (まわせPDCAサイクル)」

「仕事ができる」っていわれる社員も、その「仕事」は勤めてる会社でしか通用しないものなんだよ。特に日本の場合は。
だから、会社が変わればなんの役にも立たない。このフレーズを心に刻んどいたほうが良いよ。

あとは、「鴨川等間隔」のカースト下位の大学生生活もよくわかる。
もっと色々やれることあったんじゃないかなって、いまになっては思うけどもう遅い。

「観察日記」なんて曲もあるけど、岡崎体育って人間観察好きなんだろうな。
常に、ネタを探しているような人種。そのネタを音楽で表現できるのは幸せなんだろう。

実は王道の道を進もうとしているのかも

偉大なバンドを見ると、まずは売れてから、自分の好きな音楽をやろうとするケースが多いと思う。
例えば、Mr.Childrenも「Atomic Heart」で売れてから、実験的な「深海」をリリースした。
最近のバンドでいえば、サカナクションもようやく6枚目のフルアルバムで「sakanaction」という自分達のルーツに深く迫るアルバムを出した。

岡崎体育もまずは話題性を集める(現代的に言うと、バズる)音楽を作ってから、自分が本当に聴かせたい曲を作るという戦略を取っているんじゃないかと。
非常に残酷なことだけど、いい音楽だから売れるとは限らないし、聴いてもらえるとは限らない。
その点で、まずは知名度を上げてからというのは合理的な選択。

今後、どんどん知名度をあげていくだろうこの男は。
そして、いつか出すアルバムがとんでもない傑作(問題作?)になるのを自分はちょっと期待している。

1.XXL
2.感情のピクセル


3.Natural Lips

4.Horoscope
5.まわせPDCAサイクル
6.電車で聴くと映画の主人公になれる曲
7.Open

8.観察日記
9.Snack
10.鴨川等間隔

11.式

スポンサーリンク

レクタングル大

レクタングル大

-岡崎体育
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

関連記事はありませんでした

プロフィール

著者:S.S
1990年生まれ。愛知県出身。

邦楽アルバムの感想とコラム記事を中心に書き殴っていきます。
特にロキノン系といわれるジャンルを好んで聴く。

カテゴリー