特集記事

岡崎体育「どうぶつさんたちだいしゅうごうだわいわい」ということで、動物がタイトルの曲を大集合させてみた。

投稿日:

岡崎体育の2ndアルバム「XXL」収録の「感情のピクセル」という曲。

ラウドロックシーンをパロディしたメロディ、PV。
そして、サビの意外性をもったインパクトが話題になった楽曲。

「どうぶつさんたちだいしゅうごうだ わいわい」

ということで、動物がタイトルとなった楽曲を集めてみました。
「みんなでたのしく」わいわいやりましょう。

スポンサーリンク

「感情のピクセル」に出てくるどうぶつさんたち

豚の皿 – GRAPEVINE

楽しくやるつもりが、めっちゃメッセージ性強い曲を最初に選んでしまった・・・。
「ブタさん」の歌。

GRAPEVINE、2003年発売のアルバム「イデアの水槽」の1曲目。
ダークで重たいバンドサウンドと、独裁者に釘を刺したウィットに富んだ歌詞が彼ららしい。

ウサギのバイク – スピッツ

スピッツ、初期の名作「名前をつけてやる」のトップバッターを務める曲。
「ウサギさん」の歌。

1番をスキャットのみで構成するという、当時としては画期的な曲。歌詞が入ってくるのは2番から。
読み方によっては色々と解釈できる詞が草野マサムネらしい。

狐と葡萄 – それでも世界が続くなら

リアルな描写で痛さを感じる歌詞が武器のバンド、それでも世界が続くなら。2016年発売のセカンドシングル。
「キツネ」さんの歌。

負け惜しみを意味するイソップの寓話「キツネとブドウ(sour greapes)」を題材に、いじめについて書いた曲。
耳が痛い歌詞である。誰でも、こういう経験を実際したり、見てたりしたことはあるだろう。
(「感情のピクセル」でも、ワニさんは仲間外れにされてたし)

チーター ゴリラ オランウータン – テゴマス

ジャ二ーズ所属の人気アイドルグループ、NEWS。その、主要メンバー二人によって結成されたユニットからの1曲。
かけっこじゃ負けない「チーター」さんの歌。

だが、曲を聴くと大量の動物が出現している。
岡崎体育が、

「分かち合えない 生き物としてのカテゴライズの壁」

と歌ったのに対し、

「地球の仲間さ 一緒に歌おう」

と歌う。忘れてはいけないのは、人間も「生き物」の中のひとつに過ぎないということ。
仲良くやろう。

ワニとシャンプー – ももいろクローバーZ

ももクロの1stアルバム「バトルアンドロマンス」からの一曲。
仲間に入れてあげてほしい「ワニさん」の歌。

ライブでめちゃくちゃ盛り上がる曲らしい。上記の動画を観ると、納得できる。
歌詞の「むちゃくちゃやったる感」が彼女たちの元気と合わさった、ノリのいいパーティーソング。

「感情のピクセル」には出演していないどうぶつさんたち

ここからは、曲名と歌手のみ一挙に羅列していきます。
(一部の曲は、曲名をクリックするとYouTubeにとびます)

犬にしてくれ – 忘れらんねえよ

黒い猫の歌 – back number
シロクマ – スピッツ
20日鼠とエンドロール – tacica
愛はハリネズミのように – BIGMAMA
牛シャウト! – レキシ
いたちごっこ – チャットモンチー
ストレンジカメレオン – the pillows
カモメ – 9mm Parabellum Bullet
カラス – THE BACK HORN
JUDY AND MARY – くじら12号
ジュゴンの背中に乗って – め組
海月 – 赤色のグリッター
海と山椒魚- 米津玄師

以上になります。

他にもたくさんあると思いますので、ぜひ皆さんも探してみてください。

スポンサーリンク

レクタングル大

レクタングル大

-特集記事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【コラム】フェスのセトリにありがちな構成を考えてみた

セトリ。 (セットリストのこと。ライブでの演奏曲順を表した文書、派生して曲順そのものを指すようになっている。) この言葉を聞くだけで胸踊る。 フェスに行った後に最初に行う作業は、ウォークマンにプレイリ …

【コラム】サビの始めに、タイトルがくる曲の名曲率の高さについて

楽曲において、大事な部分はどこか? 答えは様々だろうが、「売れる音楽」ということで考えれば、サビは第一候補に挙がってくる。 CMで流れてくる曲で、イントロ部分が使われている曲を聴いたことがあるだろうか …

邦ロックを愛聴する僕が選ぶ、初夏に聴きたい10曲

今年、参加する夏フェスのタイムテーブル見ながら、ニヤニヤしてるみなさん。 気持ち分かりますよ。やっぱり、フェスは夏が良いですよね。 ということは、夏はロックの季節ですよね。多分。 というわけで、邦楽ロ …

【コラム】ライブでの客に対する煽りについて考えてみた

ライブに行くと、ボーカルの人が盛り上げるために色々と叫ぶじゃないですか。 あれって、かなりテンプレート化されてると思うんですよ。 これ言っとけば盛り上がるでしょみたいな感じが出てて、違和感を常に感じる …

【ロッキン2017】「○○がGRASS STAGEはおかしいだろ」という意見を見かけたので、とあるデータを調べてみた

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017のタイムテーブルが発表された。 反応を見てみると、色んな意見が飛びかっている。 「あのバンドがメインじゃないのはおかしい」とか、「アイドルがメイン …

プロフィール

著者:S.S
1990年生まれ。愛知県出身。

邦楽アルバムの感想とコラム記事を中心に書き殴っていきます。
特にロキノン系といわれるジャンルを好んで聴く。

カテゴリー