2018年3月に聴いた曲・アルバム

先月から始めている、その月に聴いた曲/アルバムの紹介記事になります。

早速ですが、まずはシングル曲から紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

楽曲編

ジェニーハイ「片目で異常に恋してる」

  • ボーカル:中嶋イッキュウ(tricot)
  • ギター兼プロデュース:川谷絵音(indigo la End、ゲスの極み乙女。)
  • ドラム:小籔千豊
  • ベース:くっきー(野性爆弾)
  • キーボード:新垣隆

という個性的という言葉で語るのも躊躇してしまうほどの面子で結成されたバンドのデビュー曲。

「私以外私じゃないの」、「ロマンスがありままる」といったヒット曲を連発した2015年のゲスの極み乙女。を思い出させるキャッチーさ。
当時やろうとしていた路線をこのバンドが引き継いでいくのだろうか。

この曲を聴いて、tricotの曲、さらには新垣隆の曲を聴く人が出てきたら良いなと思ったりする。
そういう横への広がりを促進させる意味合いも、このバンドにはあるんじゃないだろうか。1

04 Limited Sazabys「My HERO」

ツービートのドラムで疾走する正統派メロコア曲。

メジャーの舞台でこんなにも清々しくメロコアを鳴らせるバンドは貴重だ。
バンドを始める若い人達が減っているなんてニュースも耳にする中で、彼らには「バンドって格好いいものなんだよ」ということを伝えるメッセンジャーの役割を担ってほしい。

SHISHAMO「水色の日々」

恥ずかしながら聴いてから知ったんだけど、この曲は小林武史2のプロデュースだそうだ。

正直、驚いている。あまり、そんな感じがしなかった。

小林武史といえば、偉大なプロデューサーである一方で、徹底的にポップに仕上げる傾向があるため、ロックサウンドをバンドに求める層からは良く思われてないイメージ。
しかし、この曲はSHISHAMOの3人が鳴らすサウンドもしっかり主張させた上で、曲のイメージに合った切ないシンセサウンドを上手くブレンドしている。

歌詞を読むと、現役の学生はもちろんだが、卒業して何年か過ぎた大人にもグッとくる曲だと思う。幅広い層を意識していて好感が持てる。

teto「忘れた」

2018年ブレイク候補に名前が挙がるバンドtetoのファーストシングル。

昨年から、ライブハウス界隈でよく名前を聞くバンド。よくandymoriを引き合いに出して語る人が多いけど、個人的にはミイラズの影響もあるのかなと。

いずれにしても、00年代後半から10年代前半を通ってきた音。歌詞の印象もそれらの年代が歌ってきたことに近いような。3

シングルの中に収録されている「拝啓」が良い。イントロはミイラズ「ラストナンバー」を意識してるかな。
ポテンシャルを感じるバンド。先人たちを超えていってほしい。

アルバム編

ART-SCHOOL「In Colors」

音色が明るくなって、元々持っていたポップセンスがいつになく発揮されている。

あと、木下理樹の声が調子を取り戻した。
やってること自体は大きく変わっている訳では無いんだけど、以前の作品とは違った印象を受けるのは歌詞のせいか。

「OK&GO」の冒頭の歌詞とか、木下理樹もそんなこと思うんだと驚いたけど、自分も彼も同じ年齢になったらそんなことを思うのかもしれない。
バンドの成熟を感じる作品。長くファンを続けてきた人には感じるモノがあるんではないでしょうか。

androp「cocoon」

「ギターロックから距離を置いた」という印象。

彼らの今までの作品は色んなジャンルをやっているけど、必ず一曲はギターロック然とした曲が入っていた。今作にはそれが無い。

「Joker」は唯一その雰囲気を感じるけど、かなりエレクトロ色が強いアレンジ。その他の曲は、アコギを中心とした柔らかいサウンドでまとめられている。
「Voice」とか「Yeah! Yeah! Yeah!」が好きな人はピンとこないかもしれない。全体的に落ち着いた作品。個人的にも少し地味かなと。

付け加えるなら、アルバムの雰囲気に合ってない「SOS」は入れない方が良かったと思う。他ジャンルとのコラボ自体は良い取り組みだけど、この作品には不要だった。

雨のパレード「Reason of Black Color」

クラブミュージックっぽい音像もあるけど、本質的にはバンドサウンドを信用しているのが良い。

特に「Horizon」、「You & I」で鳴っているギターは、UKロック感があって好み。
根本的に日本人らしい歌メロなので、とても聴きやすい。

アルバム最後の「MARCH」は3月のうちに是非聴いてほしい、春の新たな名曲の登場です。

菅田将暉「PLAY」

菅田将暉の声の魅力に加え、実績ある作曲家の楽曲提供により、それぞれ曲のクオリティは高い。
しかし、個人的にはピンとこない。

「人気も知名度もある彼を使ってやりたかったのが、懐古主義的な歌謡曲」だったことに対する残念さ。
旬の人が歌う、旬の音楽を聴きたかった。

今後も音楽活動を続けるなら、作曲家陣には彼の新たな魅力を引き出してほしい。

BLUE ENCOUNT「VECTOR」

個別で感想記事を書きました。
BLUE ENCOUNT「VECTOR」、「すべての人に届かない」なんて言ってほしくなかった

感想記事の通りですが、譲って欲しくないところを譲ってしまったアルバムです。

凜として時雨「♯5」

最後に、聴き逃してしまった先月発売の作品を紹介します。

約4年10ヶ月ぶりとなるアルバム。

久しぶりの作品ではあるが、普段通りの彼らという感じ。
相変わらず何を歌っているか掴みきれないし、音の情報量も多いので、聴いていて混乱する。

しかし、1曲1曲の「凜として時雨感」は以前より増した。
混乱しすぎて、途中から笑いながら聴いていた。感情が変になる。

新規のファンの獲得を望める作品ではないかもしれないが、彼らの新譜を待ち望んでいた人には納得がいく作品でしょう。

  1. 「片目で異常に恋してる」というタイトル。好きになったバンドしか聴かない盲目的なリスナーに対する皮肉の意味も込めてると、勝手に推測している
  2. 小林武史:Mr.Children、MY LITTLE LOVERなどのプロデュースで主に90年代に大活躍したプロデューサー。近年だとback number「ヒロイン」、SEKAI NO OWARI「RAIN」といった曲にも関わっている。
  3. 自分の周りにある絶望を歌う。amazarashiとか。あと、pegmapの雰囲気も感じる。知ってる人いるかな。
スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする