一曲入魂

【一曲入魂】LUNKHEAD「閃光」

投稿日:

LUNKHEADのアルバム「メメントモリ」からの一曲、攻撃的なロックナンバー「閃光」。
新撰組「鬼の副長」土方歳三の生き様からインスパイアされ書かれた一曲。
どう生きて、どう死ぬか。この曲のように生きて、死ねるなら本望だ。

「あなたは何のために生きていますか?」

この問いに自信をもって答えられる人が世の中に何人いるだろう?
「家族」のため、「恋人」のため、あるいは「自分」のため。何かしらの答えを出せるならまだいい。
正直、自分はこの問いに自信をもって答えることが出来ない。

「何のため」に生きているかは分からないけど、生きていることは確かだ。
毎日、ご飯も食べてるし、会話も出来るし、歩いて移動することも出来る。
ただ、目的がない。

生きているのか、生かされているのか。分からなくなる。

そんな自分でも楽しいことはあって、友人と何気ないことを話している時間や、仕事でうまくいっている時や、もちろん音楽を聴いている時間。
でも、そういう楽しい時間はあっという間に過ぎていく。
それこそ、「閃光」のように。

ときどき、「死ぬ」ということは「時間がなくなる」ことなんだなと考えたりする。
この文章を書いてる今現在も、死に向かって言ってる最中で、どんどん「生きている」という時間は減ってている。
有限な時間の中で、「無駄だ」と思うことをやっている時間は私には残されていないのかもしれない。

「死んだように生きていくなら 花火のようにここで燃え尽きてもいい」

例え、あと数年で死んだとしても、悔いがなかったと思えるような生き方をしたい。

LUNKHEADというバンドは、いつも「生」と「死」について考えさせてくれる。
不器用ながらも真っ直ぐに言葉を届ける彼らの音楽を私はこれからも聴き続ける。

スポンサーリンク

レクタングル大

レクタングル大

-一曲入魂

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【一曲入魂】フラワーカンパニーズ – 深夜高速

私の地元でもある愛知県出身の4人組バンド、フラワーカンパニーズ。 後世に残したい名曲「深夜高速」。 何度聞いても突き刺さる、詞と歌。魂の叫び。 なにがロックかなんて、未だによく分かってない。 でも確実 …

【一曲入魂】サカナクション – アイデンティティ

サカナクション3枚目のシングルにして、ライブでの一体感が凄まじいこの曲。 不思議な曲だ。めちゃくちゃ力強い推進力を持つのに、冷静に聴いたら歌詞は絶望感ある。 こういうのを躁状態というのだろうか。でも、 …

【一曲入魂】[Alexandros] -city

[Alexandros]という名前になる前、[Champagne]という名前だった頃。 初のシングルとして発売されたのがこの名曲。 私が彼らの中で一番好きな曲。様々な曲が発売されたが、この曲がナンバー …

【一曲入魂】つばき – 雨音

2005年メジャーデビュー3人組ロックバンド、つばき。 彼らの最初のフルアルバム「あの日の空に踵を鳴らせ」収録、名曲「雨音」。 梅雨の時期に聴きたくなる。 めちゃくちゃ助けられた。心の中を歌ってくれて …

【一曲入魂】ふくろうず「ごめんね」

淡々とした音像はゆっくり流れていく日々のよう。 山ほど、溢れだす「ごめんね」というワードは、あの一言の裏返しだ。 ふくろうず、2010年発表の大名曲。 あたしたち違う人間になりたかった 「同族嫌悪」っ …

プロフィール

著者:S.S
1990年生まれ。愛知県出身。

邦楽アルバムの感想とコラム記事を中心に書き殴っていきます。
特にロキノン系といわれるジャンルを好んで聴く。

カテゴリー