LILI LIMIT

LILI LIMIT「Etudes」

投稿日:


LILI LIMIT「Etudes」(2015)

~恐ろしい完成度の新人~

隙のないバンドサウンドが若手とは思えない、山口出身バンドLILI LIMIT。1stミニアルバムの感想。

私と彼らの出会いは、東京の狛江駅前のTSUTAYAだった。
「5枚借りれば1000円」。
まとめて借りると安くなるので、枚数合わせのアルバムを探していると、このアルバムを新作コーナーで見つけた。
真っ白でシンプルなジャケット。妙な英語タイトルの楽曲達。
事前情報は全くなかったが、何故か興味を惹かれ借りることにする。

とてつもない衝撃を受けた。

全7曲。シームレスで一つの物語のような完璧な構成。
妙に耳に残る不思議なフレーズに、無駄のない完成されたポップソング。
これが1stミニアルバム・・・。

とんでもないバンドに出会ってしまったと心底思った、2015年。

スポンサーリンク

楽曲の話

サウンドとしては色々なジャンルから影響が垣間見える。
ポップス、ジャズ、ダンス、ハードロック。どれも要素の一つとして、うまく料理されているのだ。

どの曲もキャッチー、一発で耳に残る。
「Girls like Chagall」の不思議な「アニュマニデイズ」の繰り返しは頭から離れないし、所々入る軽快なシンセのサウンドが耳に心地いい。
冷静に聴くとリズムが凝っていたりだとかして、取っつきにくい印象も与えかねないが、抜群のセンスでポップソングにしてしまう。

曲の構成でいうと、「at good mountain」や「in your site」で用いられる大サビも特徴の一つ。
大サビ直前に、盛り上がる気配を感じる予告のような展開を入れ、大サビで爆発させる。
JPOP的なアプローチだが、嫌味がなくしっかりと曲にハマっているのはセンスか。

また、女性コーラスが多用されるのも彼らの曲の特徴。
白を基調としたバンドイメージのとおり、女性コーラスが楽曲に清涼感をもたらしている。

完成度が高い個々の楽曲に加え、全7曲が繋がっているというアルバム構成。
これで、「Etudes=練習曲」という大胆不敵さ。末恐ろしい。

歌詞の話

ボーカル牧野純平が書く歌詞は、日常を視覚的に切り取っている。

「黒髪パッツンロングストレート 毎日大変トリートメント (Girls like Chagall)」

目に飛び込んできたものを詞に変える。言葉選びが巧みで、語感が気持ちいい。

語感の良さでいえば「Girls like Chagall」のフレーズ「アニュマニデイズ」だ。
イントロから繰り返され、頭の中でループする。
不思議なこの言葉は造語だというが、こういう印象的な言葉を作るのも才能なんだろうな。

日常が垣間見える歌詞が多くある中で、「ドキっと」するような歌詞も入れてくるのが特徴でもある。

「正解不正解が時代を周っている (Tokyo City Club)」

「日々:繰り返しループする日常という沼 (in your site)」

のように、日常に対する不満や不安を吐露するフレーズも。

楽曲が完成度が高く、隙のないようなバンドに見えるが、こういう弱さを見せてくるのもギャップになり魅力。

スケールの大きいバンドになってくれ

1stミ二アルバムにしては完成されすぎで、今後に対する期待が高まった。
タイプとしてはサカナクションのような、「ポップなんだけど、音楽ファンをうならせる」存在になれる逸材。
この独特なセンスを失わないで磨き続けてほしい。

もう知ってるかもしれないけど、出来るだけ早めに聴いてほしいバンド。

1.Open
2.h.e.w.
3.Girls like Chagall


4.at good mountain

5.Tokyo city club
6.in your site
7.zine line

スポンサーリンク

レクタングル大

レクタングル大

-LILI LIMIT
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

関連記事はありませんでした

プロフィール

著者:S.S
1990年生まれ。愛知県出身。

邦楽アルバムの感想とコラム記事を中心に書き殴っていきます。
特にロキノン系といわれるジャンルを好んで聴く。

カテゴリー