KANA-BOON

KANA-BOON「僕がCDを出したら」

投稿日:2014年5月6日 更新日:


KANA-BOON「僕がCDを出したら」(2013)

~受け継がれるロキノン系の遺伝子~

2013年メジャーデビューの4人組バンド KANA-BOONのインディーズ時代のアルバム。
いま最も勢いのあるバンドの最初の作品。
「とにかくノリのいいバンド」が聴きたいという人におすすめのアルバム

①はライブでも定番の楽曲。
サビの「ゆらゆら~」のフレーズは頭に残る。
印象的なギターフレーズも多く、特に2番のBメロの単音カッティングが個人的にお気に入り。
キャッチーでノリのいい音楽が特徴の彼らを象徴する楽曲。
「KANA-BOONってどんなバンド?」と聞かれたら、この曲を聴かせれば間違いない。

②は終始鳴り響く、カッティングリフが印象的な楽曲。
感想のギターソロは意外性のあるフレーズ。
歌詞はちょっと良く分からない。

③も疾走感あふれるナンバー。
サビの「それからさ それからさ~」のフレーズが①のサビと同様に印象的。
ギターのリフにしてもそうなんだけど、繰り返しって効果的なんだなと実感。(やり過ぎると飽きるけど)

⑤はこれまでとは違った曲調。
「フェスに出たい」「タワレコに行って」などバンドマン目線歌詞が新鮮。

⑥はこのアルバム最後の曲。これまたテンポの速い楽曲。
「いつも口から出るのはメロディー」というフレーズに音楽が心底好きなんだろうなと感じた。

全体を通して、ライブに行ったら楽しいだろうなと思わせる楽曲が中心の1枚。

彼らの特徴としては、思わず口ずさみたくなるメロディーが多いことが挙げられる。(①のサビなど)
キャッチーであることをとことん追求しており、歌詞も意味よりは語感を大事にしていると感じられる。

一方で、歌詞に強い特徴やメッセージ性があるとはいえず、熱狂的なファンはつきにくいのかなとも感じてしまう。

また、音楽的にもノリが最優先のバンドなので、飽きが来るのも早いかなとも。
まだデビューして1年も経っていないので、そこまで不安視はしていないが、新たな一面が見たい。

とある雑誌で、彼らが以前にアジカンのコピーをしていたという記事を読んだ。
BUMPフォロワー、あるいはNumber Girlフォロワーと思われるバンドは良く見かけるが、
アジカンのフォロワーはあまりいなかったような気がする。(僕が知らないだけかもしれませんが)
自分も好きなアジカンを聴いて育ったバンドを聴くというのは、時代の流れを感じる。

今後はいわゆる「ゼロ年代」のバンドを聴いて育った人達が続々デビューしていき、
ギターロックが再び盛り上がってきそうな雰囲気がある。(僕としては大歓迎。)
KANA-BOONはその代表格になりうるバンドだと思うので、今後も活動を見守っていきたい。

① ないものねだり


② クローン
③ ストラテジー
④ 見たくないもの
⑤ 眠れぬ森の君のため
⑥ さくらのうた

スポンサーリンク

レクタングル大

レクタングル大

-KANA-BOON
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

KANA-BOON「DOPPEL」

KANA-BOON「DOPPEL」(2013) ~若さ×全力疾走=無限大~ 「KANA-BOON? 最近良く名前聞くよね。ノリが良いだけのバンドでしょ。」 なんて言ってる、そこのあなたに聴いてほしい。 …

KANA-BOON「TIME」

KANA-BOON「TIME」(2015) ~時間は前にしか進まないけど~ 世を席巻している「4つ打ちロック」の代名詞、それがKANA-BOONだ。彼らの2ndフルアルバム。 過去、現在、未来をこれで …

KANA-BOON「NAMiDA」

KANA-BOON「NAMiDA」(2017) 大阪出身の4人組バンド、約1年半ぶりとなる4thフルアルバムの感想。 ここ最近では下火になってしまっているが、いわゆる「踊れるロック」というブームの先頭 …

プロフィール

著者:S.S
1990年生まれ。愛知県出身。

邦楽アルバムの感想とコラム記事を中心に書き殴っていきます。
特にロキノン系といわれるジャンルを好んで聴く。

カテゴリー