indigo la End「さようなら、素晴らしい世界」

さようなら、素晴らしい世界
indigo la End「さようなら、素晴らしい世界」(2012)

スポンサーリンク
レクタングル広告大

はじめに

ゲスの極み乙女。のボーカルとして知られている川谷絵音だが、元々はindigo la Endで初めて音源を出している。
その音源が、「さようなら、素晴らしい世界」。
つまり、ここからがスタートであり、原点。

改めて聴いてみると、ゲスの極み乙女。にも繋がる音楽性を感じる。

捻くれたポップセンスを最大限発揮した、不思議で妙に癖になる楽曲達。
ガラス細工のような繊細な歌声で、語られるファンタジックな世界観。

才気あふれるポップバンドの出現を予感させる。

楽曲の話

長田カーティスの細かく動き回る、流麗なギターサウンドが軸。

いわゆる「ロック」バンドのギターサウンドとは違い、歪みを抑えることで、心地よく耳に残る音。
決して、主張すぎることもなく、あくまで歌を支えるためという役割を徹底している。

数年後も変わらず聴けるような普遍的なポップソングに仕上げた「緑の少女」

軽快な疾走感と、川谷絵音の消えいるような歌声が特徴的な「夢で逢えたら」

これらの曲は、indigo la Endの一般的なイメージに近い曲。

一方で、「秘密の金魚」のような、不思議な歌詞と複雑な展開が披露される曲も。

どちらかというと、ゲスの極み乙女。でやりそうな曲も収録されている。
決して、ゲスの極み乙女。が突然変異で出現したわけでなく、下地があって出来たバンドであることがわかる。

大事なライブのラストに歌われることの多い、「素晴らしい世界」は、彼ららしいバラード。
アルバムタイトルをサビの頭に持ってきてインパクトを残している。
圧巻はラストの、川谷絵音の歌唱。
今にも泣きだしそうな歌声が、映画のラストのような余韻を残す。

歌詞の話

indigo la Endというと、恋愛の歌詞。
特に、「失恋」をテーマにした曲が多い印象を持っていると思う。

しかし、このアルバムではその印象とは違う。

リアルな恋愛というよりは、作り上げられたファンタジーの中の恋愛。
「緑の少女」、「夢で逢えたら」なんて、その代表例。曲のタイトルからしてそう。

あと、「秘密の金魚」なんかは意味が分からない歌詞。
冒頭部分から意味不明。

僕に考えがあるんだ
お願い、秘密の金魚を見せて
お前もそうか、つまんねぇ

「秘密の金魚」

川谷自身も2016年のライブでこの曲を披露した際に、上記の歌詞をMCで「意味が分からない」とイジっていた。
ただ、個人的にはどうしようもない苛立ちみたいなのを感じ取れる。

「秘密の金魚」だけでなく、当時の彼が感じていたことが反映されてるのがこのアルバムじゃないかな。

だけどこれからは一人で生きていくよ

「素晴らしい世界」

この力強い決意表明は、音楽で食べていくという宣言にもとれる。
「大丈夫」と、自分に言い聴かすように歌っていることからも、不安もあるという繊細な気持ちが読み取れる。

最後に

鳴らされている音とか、不思議な歌詞から想起されるのは、日本が誇る四人組バンド、スピッツだろう。
そもそも、バンド名のindigo la Endは、スピッツの名盤「インディゴ地平線」から取ってきている。

スピッツのような普遍的なポップソングを作れるようなバンドになってほしい。
そんな期待を抱かせる、瑞々しいデビューアルバムに仕上がっている。

収録曲

1.緑の少女
2.秘密の金魚
3.夢で逢えたら
4.Warhol
5.夜の公園
6.ジョン・カーティス
7.むだい
8.素晴らしい世界

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする