indigo la End

indigo la End「あの街レコード」

投稿日:2014年5月11日 更新日:


indigo la End「あの街レコード」(2014)

~あなたはどちらが好きですか~

ポップな音を奏でる4人組バンド indigo la End のメジャーデビューアルバム。
フロントマンは【ゲスの極み乙女。】の川谷絵音(えのぴょん)で、実はindigo la Endの方が結成は古い。
二つのバンドを掛け持ちし、なんとメジャーデビューアルバムを同日リリース。天才か。

後から始めた、ゲスの極み乙女。の方が注目を集めているが、あなたはどちらのバンドが好みだろうか?

①は爽やかなギターロック。

「涙の落ちる音がレコードを擦り切れさせたって」

ゲスの極み乙女。では歌詞に「スマートフォン」など現代的な用語が並んでいたが、
このバンドでは「レコード」という懐かしさを感じる用語が使われており、目指す方向性の違いが明確。
といっても、レコードで音楽を聴いたことがない僕が言うのもおかしいけれども。

②は清涼感あるギターの音色が印象的な楽曲。個人的にかなり好みの音。

「だけどはなればなれ」

と「はなればなれ」を連行するサビは耳に残る。
歌詞で引っかかったのは、

「月9のハッピーエンドならもう決まってるよ ラストはお決まりでキスでもするんだろうな」

放送中の【極悪がんぼ】では想像できないハッピーエンド。世間の月9のイメージは歌詞の通りなんだろうけど。

③はイントロが二段階構成になっていて、前二曲とは違った印象。
気にいったフレーズは、

「ロック感を大事にしてる 最もつまらないセリフ」

アイドルの曲で「今回の楽曲はロックチューンに挑戦!」みたいなキャッチコピーがよくある。
実際聞いてみると、適当にギターが鳴ってて、テンポが速いだけの曲というのが多くて、そんなものに引っかかる自分に嫌気がさすんだけれども、この歌詞で我に返ることができた。

④はバラード曲。ゲスの極み乙女。では絶対やらないような楽曲。

⑤は前曲に続いて、スローテンポのバラード曲。
back numberの曲でありそうな、過去の恋愛振り返りソング。

⑥は歌から始まる、疾走系ギターロック。
どうしても①、②と似た印象を受けてしまう。
こういったタイプの曲は個人的には好きなんだけれど、アレンジが被りすぎなのでは。

⑦は語り曲。

「くだらないことも幸せなことも悲しいこともやるせないことも みんな均等にやってくる僕らの生活」

僕のいままでの人生だと、くだらないこととやるせないことが25%以上の割合だと自己分析。
今後はこれらの割合が減ってくるのかな。期待してしまう。
しかし、味噌汁をすする音を曲の中で聴く日が来るとは、思っていなかった。

⑧はアルバムのラストを飾るミドルテンポのポップな楽曲。
ファンタジー感がある曲で、このアルバムの最後としては雰囲気が合っている。

ゲスの極み乙女。とは対照的に【歌】を大事にしている印象。
メロディーもどこか懐かしさを感じ、耳触りがいい。
クリーントーンをメインに使ったギターの音はかなり好み。

一方で、どうしてもゲスと比較してしまうと音も歌詞も、面白みに欠ける。
いわゆる疾走系の曲はどれも同じような曲に聞こえてしまうのもマイナス点。

僕の音楽趣味としてはindigo la Endの方が好きじゃないとおかしいのに、なぜだろう、ゲスの極み乙女。の方に魅力を感じる。

具体的に言うと、歌詞がゲスの方が好みでサウンドはインディゴが好みなんだけど、同時発売のアルバムを比較すると、総合的にゲスに軍配が上がる。

インディゴの過去のアルバムを聴けば、逆転するかもしれない。

最後にあなたに質問。
【あなたはゲス派? それともインディゴ派?】

① 夜明けの街でサヨナラを
② 名もなきハッピーエンド


③ billion billion
④ あの街の帰り道
⑤ 染まるまで
⑥ ダビングシーン

⑦ mudai
⑧ アリスは突然に

スポンサーリンク

レクタングル大

レクタングル大

-indigo la End
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

indigo la End「幸せが溢れたら」

indigo la End「幸せが溢れたら」(2015) ~切なすぎて、死ぬ~ ゲスの極み乙女。のボーカル、川谷絵音を軸に結成されたバンド、indigo la End。彼らのメジャー1stフル。 ゲス …

indigo la End「Crying End Roll」

indigo la End「Crying End Roll」(2017) ~これが、インディゴラブストーリー~ 聴き手の心に迫る、切ないサウンドが武器のバンド。約1年ぶりのメジャー3rdフルアルバムの …

indigo la End「さようなら、素晴らしい世界」

indigo la End「さようなら、素晴らしい世界」 (2012) ~全てはここから~ 川谷絵音がフロントマンを務めるバンド、indigo la End。2012年発売の初全国流通盤の感想。 ゲス …

indigo la End「藍色ミュージック」

indigo la End「藍色ミュージック」(2016) ~まさにセツナレンサ~ indigo la End待望のメジャー2ndフル。 前作は「切なすぎて死ぬ」と書いたけど、今回も切なさの連打が止ま …

プロフィール

著者:S.S
1990年生まれ。愛知県出身。

邦楽アルバムの感想とコラム記事を中心に書き殴っていきます。
特にロキノン系といわれるジャンルを好んで聴く。

カテゴリー