Hump Back

Hump Back「夜になったら」

投稿日:


Hump Back「夜になったら」(2016)

~オブラートに包むことができない歌声~

大阪出身の3ピースガールズロックバンド、Hump Back。初の全国流通盤の感想。

ここ1、2年で、今後のロックシーンを賑わしそうなガールズバンドが何組も出てきてる。
才気あふれる歌詞が注目される、リーガルリリー。
直球ギターサウンドと生々しいリアルな歌詞が武器の、yonige。
癖になるポップなセンスが光る、the peggies。

こういった面々に続く存在になりそうなのが、今回紹介するHump Back。

シンプルなバンドサウンドという点では、上記のyonigeに通ずる部分がある。
喜怒哀楽を豊かに表現した歌詞と、真っ直ぐに突き刺さる歌声で勝負するバンド。

スポンサーリンク

楽曲の話

最近のレビュー記事で、「シンプル」な演奏という言葉を何度も使っている気がする。
大変申し訳ないんだけど、このバンドもこの言葉を使うことになってしまうことになる。本当にシンプル。
これが、現在のバンドシーンの流行りなんだと思う。

結局、色々と装飾を施したサウンドが一時的に流行ったとしても、こういうストレートなサウンドに回帰する。
みなさんも服とか買いに行くと思うけど、やっぱり一番売れてるのは「白」、「黒」、「紺」といったオーソドックスな色。
シンプルなのが一番様になるし、わかりやすい。

「月まで」のヨーイドンで合わせたような力強いバンドサウンド。
「嫌になる」のような分かりやすいギターロックに、しっとりと歌い上げるミドルテンポの「ぎんのうた」。
どの曲も目新しさはないものの、すっと入ってくるメロディ。

また、このバンドの特徴といえば、曲の短さ。アルバム8曲中6曲が4分未満の楽曲。
無駄なものをそぎ落としたサウンド。一見すると、特徴がないとも。
ただその分、ボーカル林萌々子の歌声が目立つ。

林萌々子の歌声の特徴は、しゃべり声の延長線上のような、幼さを残した声。
耳元で音量大きめに話しかけられてるみたいな感じがする。
装飾を施してない真っ直ぐで力強い歌声。

演奏、歌ともにシンプルを追求したバンド。

歌詞の話

日々生きている中で、揺れ動く感情を詩的な表現も交えつつ歌にする。
どちらかというと、暗めな歌詞が多い。アルバムタイトル「夜になったら」通り、夜に1人で聴きたい感じ。

「暮らしは良くはならない 髪でも切りにいこうぜ! (月まで)」

この感情の揺れ動きの表現が上手いなと。直前まで、

「月くらいなら迎えに行ったのに (月まで)」

と非現実的なことを歌ってたのに、急に現実に引き戻すフレーズ。

毎日生活してると、「あれ、何考えてたっけ?」と思う時があると思う。
深刻に思ってた事態も、大したことなかったみたいな。そんな人間の心情を上手く書いてるなと。

他には「チープマンデー」や「ぎんのうた」みたいな歌詞を聴いて映像が浮かぶような詞。
「嫌になる」のような負の感情を晒す詞もあれば、「夢の途中」はどこか達観した様子をみせる歌詞もある。
ただ、いずれの詞にも共通していえるのは、喜怒哀楽が凄く伝わってくるということ。

「良しも悪しもあるけど 良しとするか (夢の途中)」

「怒」と「哀」が多いけど、最終的には「喜」と「楽」に変わっていくように、自らに言い聞かせるような詞が良いなと思った。

いつか、皆さんにも届くといいな

めちゃくちゃ強い個性があるバンドではない、と聴いて思う人もいるかもしれない。
正直、自分も最初はインパクトが弱いなと思った。
ただ、何度も聴いてるうちに、このシンプルだからこそ映える力強い歌が癖になった。

彼女たちの経歴を調べると、メンバーが脱退するなどして、ボーカル林萌々子のみで活動していたときもあるらしい。
それでも、アルバムが発売されるまでたどり着いたのは、彼女が一人でも歌い続けてきたから。
今後も歌い続けて、多くの人にこの声が届いて欲しいと願う。

1.月まで


2.短編小説
3.チープマンデー
4.嫌になる

5.ヒーロー
6.ぎんのうた
7.夢の途中
8.いつか

スポンサーリンク

レクタングル大

レクタングル大

-Hump Back
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

関連記事はありませんでした

プロフィール

著者:S.S
1990年生まれ。愛知県出身。

邦楽アルバムの感想とコラム記事を中心に書き殴っていきます。
特にロキノン系といわれるジャンルを好んで聴く。

カテゴリー