とりあえず聴いてほしい邦楽ロックアルバムの名盤10枚

個人的にも好きで、これだけは聴いてほしいというアルバムを10枚選びました。

どれも名盤です。
邦楽ロック好きなら一度は聴いておきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

ASIAN KUNG-FU GENERATION「君繋ファイブエム」

自分が邦楽ロックを聴くようになったきっかけであり、原点。

【参考記事】
【ASIAN KUNG-FU GENERATION】アルバム「君繋ファイブエム」感想

BUMP OF CHICKEN「THE LIVING DEAD」

歌詞に着目して聴くようになったのは彼らがきっかけ。

【参考記事】
BUMP OF CHICKEN 「THE LIVING DEAD」

フジファブリック「フジファブリック」

叙情的というのか。ロックバンドは激しくなくてもいいと認識を変えさせられたアルバム。

Base Ball Bear「新呼吸」

一日の時間の流れを題材にしたコンセプトアルバム。バンドの成長をリアルタイムで見続けているのは彼らぐらい。

【参考記事】
Base Ball Bear「新呼吸」

LUNKHEAD「地図」

彼らはいつだって私の心を代弁してくれる。辛くなった時はこれを聴く。

【参考記事】
LUNKHEAD「地図」

Syrup16g「coup d’Etat」

恐ろしいほどの歌詞センス。
暗いだけで片づけてはもったいない。
わたしが高校時代に出会った衝撃のアルバム。

【参考記事】
Syrup16g「coup d’Etat」

ART-SCHOOL「REQUIEM FOR INNOCENCE」

3分間で駆け抜けるポップソング集。
木下理樹が描く私小説的な世界観も新鮮だった。

【参考記事】
ART-SCHOOL「REQUIEM FOR INNOCENCE」

LOST IN TIME「きのうのこと」

エモいという言葉を感覚的に知ったのは彼らから。
必死な歌声は必ずあなたの心に何かを残すはず。

【参考記事】
LOST IN TIME「きのうのこと」

UNISON SQUARE GARDEN「UNISON SQUARE GARDEN」

忘れかけていた「音楽は楽しい」ということを取り戻してくれたアルバム。
どこを切り取ってもキャッチー。

【参考記事】
UNISON SQUARE GARDEN「UNISON SQUARE GARDEN」

My Hair is Bad「narimi」

矢継ぎ早に突き刺さる言葉の数々。
ロックバンドの初期衝動というものを久しぶりに味わったアルバム。

【参考記事】
【My Hair is Bad】アルバム「narimi」全曲感想

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする