豪華アーティスト参加のFM802&TSUTAYAキャンペーン曲「栞」が素敵だった

FM802とTSUATAYAがコラボした企画「FM802 × TSUTAYA ACCESS !」

今年のキャンペーンソングである「栞」がとても素敵な曲だった。

尾崎世界観作詞・作曲FM802「栞」MV フルver.(FM802 × TSUTAYA ACCESS! キャンペーンソング)
(聴いていない人は、上記リンクをクリックするとYouTubeにアクセスできます)

スポンサーリンク
レクタングル広告大

参加アーティスト

・尾崎世界観
(クリープハイプのボーカル、この曲の作詞・作曲を担当)

・あいみょん

・片岡健太(sumikaのボーカル)

・GEN(04 Limited Sazabysのボーカル)

・斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDENのボーカル)

・スガ シカオ

感想

クリープハイプの曲だと、ポップな楽曲「オレンジ」だとか、最近だと「イト」のような曲が好きな人なら、ドンピシャなんじゃないかな。

春らしい明るい曲調に、可愛らしいメロディライン。

現在のバンドシーンを引っ張るメンバーが中心に集められているためか、疾走感溢れるバンドサウンドになっているのも好みだ。

参加しているメンバーが、それぞれ特徴的な声の持ち主なんだけど、全く違和感なく聴ける。

1番サビで尾崎とGENが上下のフレーズを入れ替えながら歌えば、2番サビでは斎藤とあいみょんが上下のフレーズを入れ替えて歌う。

こういった試みが出来るのも、参加しているメンバー全員の歌唱力が高いからこそなせるのだろう。

個人的に良いなと思ったのは、あいみょんのボーカル。

男性陣が声の高いメンバーばかりなので、あいみょんの低い声が存在感を放っている。
最近存在感を増している彼女の魅力に、少し気づけた気がする。

2番サビで満を持して登場するUNISON SQUARE GARDEN斎藤のボーカルも良い。
彼の歌唱力の高さをあらためて確認することができた。

歌詞は、タイトルから連想できるように「本」について歌った曲。

後悔を抱えながらも、前に向かって歩いて行く人を応援する歌。

散ってしまった桜を「地面に咲いてる」と表現する、尾崎世界観の感性。
とても素敵だなと思った。

こういう色んなアーティストが集まってやる企画は楽しいですね。

参加メンバーそれぞれのファンがこの曲を聴いて、ファンじゃなかった参加メンバー(が所属するバンド)の曲も聴いてみる。

そんな風に横の繋がりが広がっていくことを、音楽好きとして願っています。

【関連記事】
2018年4月に聴いた曲・アルバム【アジカン、サカナクションのベストアルバムなど】

今回紹介した曲「栞」を収録したCDが、2018年4月28日(土)より期間限定で、全国のTSUTAYA店舗にてレンタル開始されるそうです。
スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする