一曲入魂

【一曲入魂】フラワーカンパニーズ – 深夜高速

投稿日:

私の地元でもある愛知県出身の4人組バンド、フラワーカンパニーズ。
後世に残したい名曲「深夜高速」。

何度聞いても突き刺さる、詞と歌。魂の叫び。
なにがロックかなんて、未だによく分かってない。

でも確実に言えるのは、この曲がロックじゃなければ、「ロックソング」なんてこの世に存在しないと思う。

最近では、人生そのものが「深夜高速」みたいなもんじゃないかなんて思いだした。
ただひたすら続く、真っ直ぐで暗い道。所々、休憩する場所はあるけど、それも必要最低限。
今日の自分が失った体力を回復させるだけ、別にパワーアップするわけではない。
いや、これでもましな方なのか。もしかしたら、今後は体力の回復さえ間に合わないのかもしれない。

「壊れたいわけじゃないし 壊したいものもない だからといって全てに 満足してるわけじゃない」

日々を生きてて感じる感覚。追い求め続ける満足、何をしたら満足かも分かっていないくせに。
もしかしたら、現状の生活にも満足しているのかもしれない。ただ、認めたくないだけ。
自分自身の能力や才能の過大評価。
20代も終わりに差し掛かっているのに、まだこんなこと言ってる。情けない。

「生きててよかった そんな夜を探してる」

このフレーズから感じるのは、とても「生きててよかった」と生に対して全肯定してるわけじゃないということ。
生きていれば、挫折や後悔の連続で死んだ方がマシなんじゃないかなと思うこともある。
多分だけど、ボーカルの鈴木圭介も死を考えたことがあるのかもしれない。
死を意識するからこそ、生を意識する。

日々の生活で満たされることなんて無いと、諦めればそれも生きやすいのかもしれない。
でも、一生に一度の人生。無様でも、泥臭くても「そんな夜を探して」良いんじゃないかな。

「感じることだけが全て 感じたことが全て」

どうすれば、満足するのか、「生きててよかった」と思うのか。
答えは、自分が「見た、聞いた、触った」ものにしかない。

これからも、先の見えない「青春ごっこ」が続いていく。

スポンサーリンク

レクタングル大

レクタングル大

-一曲入魂

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【一曲入魂】サカナクション – アイデンティティ

サカナクション3枚目のシングルにして、ライブでの一体感が凄まじいこの曲。 不思議な曲だ。めちゃくちゃ力強い推進力を持つのに、冷静に聴いたら歌詞は絶望感ある。 こういうのを躁状態というのだろうか。でも、 …

【一曲入魂】つばき – 雨音

2005年メジャーデビュー3人組ロックバンド、つばき。 彼らの最初のフルアルバム「あの日の空に踵を鳴らせ」収録、名曲「雨音」。 梅雨の時期に聴きたくなる。 めちゃくちゃ助けられた。心の中を歌ってくれて …

【一曲入魂】ふくろうず「ごめんね」

淡々とした音像はゆっくり流れていく日々のよう。 山ほど、溢れだす「ごめんね」というワードは、あの一言の裏返しだ。 ふくろうず、2010年発表の大名曲。 あたしたち違う人間になりたかった 「同族嫌悪」っ …

【一曲入魂】[Alexandros] -city

[Alexandros]という名前になる前、[Champagne]という名前だった頃。 初のシングルとして発売されたのがこの名曲。 私が彼らの中で一番好きな曲。様々な曲が発売されたが、この曲がナンバー …

【一曲入魂】back number – 青い春

back numberのことを認識した楽曲。 恋愛を歌うだけではない、若者の代弁者だったんだこのバンドは。 今を生きる若者へ、「踊らされる」んじゃねえぞ、自分で「踊る」んだ。 小学校、中学校、高校、大 …

プロフィール

著者:S.S
1990年生まれ。愛知県出身。

邦楽アルバムの感想とコラム記事を中心に書き殴っていきます。
特にロキノン系といわれるジャンルを好んで聴く。

カテゴリー