特集記事

フェスシーズン到来ということで、お祭りソングを集めてみた

投稿日:

いよいよ、本格的に夏がやってきましたね。
私達みたいな、邦楽ロック好きにとっては夏といえばあれですよね。

夏といえばフェスですよね。

8月になれば、各地でフェスが熱い盛り上がりをみせるでしょう。
私はというと、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」、「SUMMER SONIC」に今年は参戦予定。
楽しみで仕方がない。また、あの熱い光景が観れるかと思うと心踊りますね。

そんな訳で、フェスを待てないあなたのために、邦ロック好きの私が「お祭りソング」を10曲集めてみました。

騒ぐもよし。ゆったり楽しむもよし。思う存分、祭りを楽しみましょう。

スポンサーリンク

お祭りソング10選

フジファブリック「祭りのまえ」

もうじきここはステージを 囲んだ浴衣の人たちと じゃれる子供の歌声で とても賑やかになるだろう

フジファブリックのアルバム「LIFE」からの一曲。
とても和を感じる。激しい曲では決してないけど、祭りが始まる前の静けさを上手く表現してると思う。

KEYTALK「MATSURI BAYASHI」


KEYTALK8枚目のシングル。夏が似合うお祭りバンドが放つ、お祭りソング。
「MONSTER DANCE」と並んで、ライブの定番曲。踊らなきゃ損だ。さあ、踊れ。

SAKANAMON「お祭りランドスケープ」

3ピースバンドSAKANAMONの4枚目のフルアルバムからの1曲。
擬音語を上手く使われていて、夏祭りの風景が思い浮かぶ。楽しそうだ。

9mm Parabellum Bullet「火祭り」

一夜の宴を 無邪気に騒げ

9mm Parabellum Bullet、6枚目のアルバム「Waltz on Life Line」から、ドラムのかみじょう作詞作曲の曲。
夏の暑さに負けないで、こっちも熱くなってしまえばいいんだよ。そんな熱量を感じる曲。

椎名林檎「長く短い祭り」


2015年発売、椎名林檎の15枚目シングル。コカ・コーラのCMに使われてた。コーラ飲みたくなった、どうしてくれる。
祭りの夜、少し気温が下がってきたときに聴きたいね。

くるり「トレイン・ロック・フェスティバル」

くるり、3枚目のフルアルバム「TEAM ROCK」からの一曲。ちょっと、変化球。夏フェスとは正直関係ない。
フェスって、冷静に考えたら狂ってるじゃないですか。炎天下に何万人も集まって騒ぐ。
この曲の管楽器の音が狂ったように2分間鳴り響くので、何となく類似点感じて選曲してみた。

SHISHAMO「君と夏フェス」


SHISHAMOの2014年発売1stシングル。この曲はタイトル通り、正真正銘「夏フェス」の曲。
ちなみにPVでの演奏シーンが「VIVA LA ROCK」の会場を再現した場所で撮影されてるとのこと。
「VIVA LA ROCK」は5月開催のフェスなんだが・・・。

Mrs. GREEN APPLE「サママ・フェスティバル!」


Mrs. GREEN APPLEの2ndシングル。めっちゃ、キラキラしてるし、カラフル。眩しいぞ、この野郎。
彼らのポップ部分を濃縮したような曲。完全に10代の若者をピンポイントで狙いにいってる。

Base Ball Bear「祭りのあと」


べボべ、メジャー1st「C」から。いまだに、ライブでキラーチューンとして機能する名曲。
祭りが終わった後の焦燥感や虚しさを歌う。しかし、湯浅のギター最高だ。どこ行っちまったんだよ・・・。

桑田佳祐「祭りのあと」


日本が誇るレジェンド、ソロ名義での5枚目のシングル。やはりこの企画はこの曲で締めたかった。
夏祭りで告白しようとしてる男子達、フラれてもめげるなよ。

以上、10曲を選んでみました。

有名曲から、マニアックな曲まで選んでみたつもりですが、いかがでしたでしょうか。
祭りの楽しさを歌った曲がある一方で、祭りが終わった後の寂しい感じを歌った曲もあります。

私も再度聴いてみて思ったのは、どこか「和」を感じるメロディの曲が多かったなと。
やはり、日本人には祭りの文化が遺伝子レベルで根付いているんだろうか。

とにかく、祭りは楽しまなきゃ損です。
祭りソングを聴きながら、祭り本番までワクワクしながら待ちましょう。

スポンサーリンク

レクタングル大

レクタングル大

-特集記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【コラム】私のフェスの思い出と、フェスを観に行く理由

さて、今週末から日本最大級の音楽フェス、ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017が開催される。 私は、初日の8/5(土)のみの参戦にはなるが、今年初の夏フェスということもあり楽しみで仕方 …

私がアルバム発売を心待ちにしているアーティスト5組

早速ですが、好きなアーティストのアルバムが発売されるというニュースが入ってくると、めちゃくちゃテンション上がりません? 私なんかは、「アルバムの発売決定の一報→収録曲判明→ジャケット写真公開」と各段階 …

岡崎体育「どうぶつさんたちだいしゅうごうだわいわい」ということで、動物がタイトルの曲を大集合させてみた。

岡崎体育の2ndアルバム「XXL」収録の「感情のピクセル」という曲。 ラウドロックシーンをパロディしたメロディ、PV。 そして、サビの意外性をもったインパクトが話題になった楽曲。 「どうぶつさんたちだ …

【ロッキン2017】「○○がGRASS STAGEはおかしいだろ」という意見を見かけたので、とあるデータを調べてみた

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017のタイムテーブルが発表された。 反応を見てみると、色んな意見が飛びかっている。 「あのバンドがメインじゃないのはおかしい」とか、「アイドルがメイン …

日本3大「テレキャスター」がタイトルの曲

エレキギターの種類は、めちゃくちゃたくさんある。 有名どころだと、レスポールとか、ストラトキャスターとか。 中でも、人気があるのが「テレキャスター」というギター。 こんな形をしたギターのことだ。 サウ …

プロフィール

著者:S.S
1990年生まれ。愛知県出身。

邦楽アルバムの感想とコラム記事を中心に書き殴っていきます。
特にロキノン系といわれるジャンルを好んで聴く。

カテゴリー