BUMP OF CHICKEN「RAY」


BUMP OF CHICKEN「RAY」(2014)

スポンサーリンク
レクタングル広告大

感想

4人組バンド BUMP OF CHICKENの7枚目のアルバムである。
今までの彼らとは少し違った一面が見れるアルバム。
個人的に、前作は好きなアルバムではなかったので、
今作でまたしても気にいらなかったら、当分BUMPを聴くことはなくなるかもしれない。

①はインストゥルメンタル。アルバムへの期待感を膨らませる。

②は配信シングル。今までの彼らとは違うエレクトロなサウンドから始まる。
「そのドアに鍵はない」と歌うように、開放感に満ちた楽曲。

③はタイトルトラックであり、アルバム中でのマイベスト。
曲はBUMP流エレポップと言ったところか。ボーカルにもエフェクトがかかるなどこれまた新機軸。
「生きるのは最高だ」というフレーズからは何か吹っ切れた印象を受ける。
感想の短めなギターソロもポップな曲調にマッチしており、
今後、ライブでの定番曲になりそう。

①~③まではエレクトロな側面が目立つが、ここからは従来のバンドサウンドの楽曲が続く。

⑤は跳ねるようなリズムのリフが非常に気持ちいい。

⑦はシングル曲。名曲だとは思うが、重い曲調はこのアルバムの雰囲気からは浮いている。

⑨、⑩もシングル曲。
⑨は穏やかな曲だと思いきや、アウトロのギターが狂気じみていて侮れない。

⑩は彼らお得意の疾走感のあるアルペジオが印象的。
「黄金の覚悟」というフレーズは個人的にお気に入り。

⑪はハンドクラップあり、コーラスありと攻めた楽曲。
「意味不明」という歌詞も違和感なく使われていて、面白い楽曲。

⑬は③とマイベストを争った楽曲。
この曲の歌詞は中々考えさせるものがある。

残酷なほど自由だ 逃げようのない事実なんだ

「(please)forgive」

ただ怖いだけなんだ 不自由じゃなくなるのが

「(please)forgive」

など、②で自由であることを唄う一方で、アルバム終盤のこの楽曲では変化することへの恐れを唄っており、
エレクトロサウンドの導入など新しいことに挑戦した、このアルバムを象徴するような一曲になっている。

根強い人気を誇るバンドであるが故に、
新しいこと(初音ミクともコラボしたり)に挑戦したこのアルバムは、賛否両論のようである。

個人的には彼らが③のような楽曲を作れることに少なからず驚き、
このアルバムだったら、もっと電子音を活用してとことんポップにした方がよかったんじゃないか。

また、シングル曲が演奏時間の長いものが多く、アルバムの流れを断ち切っている印象を受け、
シングル曲を切ってしまう勇気も必要なんじゃないかとも思ったりした。
今後はどういった展開を見せてくれるのか。
そろそろ地上波の音楽番組に出ても良いのでは。

【収録曲】
①WILL
虹を待つ人
ray
④サザンクロス
⑤ラストワン
⑥morning glow
⑦ゼロ
⑧トーチ
⑨Smile
⑩firefly
⑪white note
友達の唄
⑬(please)forgive
⑭グッドラック

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする