BUMP OF CHICKEN「Butterflies」


BUMP OF CHICKEN「Butterflies」(2016)

スポンサーリンク
レクタングル広告大

感想

彼らの通算8枚目のアルバム。大物バンドとなった彼らの余裕が見てとれる。

アルバムリード曲「Butterfly」を年末のCDJで生で聴いたとき、素直に良い曲だなと思った。
しかし、PVを見て若干戸惑った。自分は間違えてCOLDPLAYの曲を再生してしまったのかと。
歌詞にも「キラキラ」というワードが登場するし、映像も煌びやかだし、垢ぬけすぎだろ。
ちょっとこの路線のアルバム曲が多いとしんどいなと発売前は不安もあった。

そして、手に取ったこのアルバム。確かに1曲目の「GO」のサウンドは垢ぬけたBUMPの音。
一方で、他のアルバム曲は中々面白い。というよりも懐かしい彼らの音が鳴らされていた。
「流星群」、「宝石になった日」は、「COSMONAUT」に入っていそうな楽曲。BPMの違いこそあれど優しさに溢れる曲。
「大我慢大会」、「孤独の合唱」はブルース、カントリーといった要素が見え隠れする初期の楽曲に近い印象。

リード曲の印象が強いため実験的な作品とも捉えられがちだが、どちらかというと原点回帰のような感じを受けた。
冷静に考えたら、EDM的なアプローチは前作「RAY」から引き続きであるし、以前から、「ギルド」で鉄アレイ叩いたり、「車輪の唄」でマンドリンを使用したり色々挑戦していたバンドなので、単純に自分達が良いと思う音を取り入れているという姿勢は以前から一貫している。

結構、賛否両論あるアルバムかと思うけど個人的には想像よりは良かったという感想。
ちょっとライブを意識して、コーラス入れ過ぎかなと思ったりもしたけど、しっかりとメロディが耳に残るのは流石。
本音を言えば、「Hello,world!」みたいな疾走感あるアルバム曲が欲しかったかな。
大人の余裕を感じる優しいアルバム。万人に勧められる。

(雑記)
年末に初めて生で彼らを見たけど、紅白が無ければあと一曲ぐらいは聴けていたなあ。
古から伝わる「オー、イエ―、アー、ハーン」を合唱して年末を過ごしたのは一生の思い出になった。

【収録曲】
1.GO
2.Hello,world!
3.Butterfly
4.流星群
5.宝石になった日
6.コロニー
7.パレード
8.大我慢大会
9.孤独の合唱
10.You were here
11.ファイター

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする