Base Ball Bear「二十九歳」


Base Ball Bear「二十九歳」(2014)

スポンサーリンク
レクタングル広告大

感想

前作の「新呼吸」から約2年半ぶりとなる、Base Ball Bearの5枚目のアルバム「二十九歳」。
16曲、70分越えというボリューム。いま、小出さんには伝えたいことがたくさんあるようだ。
タイトルに年齢をつけた、アルバムといえば、彼らの2枚目のアルバム「十七歳」が思い浮かぶ。
「十七歳」では思春期の感情を歌いあげたが、「二十九歳」はまさに、「人生」について歌った作品。
キーワードは「普通」。

爽やかなギターで幕を開ける「何才」

僕と君 君と僕の
そのあいだに何がある

「何才」

「何才」と言うタイトルと、この歌詞から連想されたのは、ジェネレーションギャップ。
ある世代の「普通」と、それより一回り上の世代の「普通」には大きな違いがあって、それが、ジェネレーションギャップという壁を作る。
50年代や60年代生まれの人からしたら、90年代生まれの僕達は得体の知れない存在なのかな。

アダルトな雰囲気を醸し出す「アンビバレントダンサー」
この曲はタイトル通り、両極端な感情を描いて、「普通」とは何かを問いただす。

なんてアンビバレンス どちらとも言えず
明日は一体どこに向かうのか
忘れたいなら踊れ

「アンビバレントダンサー」

そんなこと考えてるくらいなら、踊れ!っていうメッセージを受け取ったけど、色々と考えちゃうのが、人間。

プロ野球のテーマソングに使われた、「ファンファーレがきこえる」
この曲を聴くと、自分の人生は映像化できるのだろうか?、と考えてしまう。
本当に、「普通」の人生を歩んできたので、映像化しても売れないだろうな。

どこか、ハードロックなギターリフが特徴の「Ghost Town」

ここじゃないどこかへ逃げだそうぜ
僕がまだ僕でいるうちに

「Ghost Town」

一つの場所に長くいると、周りの人に自然と染められて、「普通」の人間になってしまう。
変わりたいと望むなら、まず環境を変えてみることをオススメ。

ムーディーな歌いだしから始まる「yellow」
「黄色」の僕の勝手なイメージなんだけど、個性が強い色で、服として身につけるにも勇気があるイメージ。
イメージカラーが黄色の人には、憧れる。

王道ロックンロールサウンドの「そんなに好きじゃなかった」

「特に不満もないし、イヤなところないけどなんていうかさ・・・・・・
そんなに好きじゃなかった」。

「そんなに好きじゃなかった」

結構ありがちな、「普通」のフラれかたかも。

あー女って何だ?!

「そんなに好きじゃなかった」

コラボ曲の「The Cut -feat. RHYMESTER-」、カッティング+ラップは気持ちいい。

この世界の正体は僕らのeyes

「The Cut -feat. RHYMESTER-」

見えてるものが、自分にとっての「普通」だったり。
人は自分が意識するものを積極的に見ようとする生き物。(いわゆる、カラーパス効果)

瞬く間に終わってしまう「ERAい人」
「多数派=偉い」という空気感への違和感を歌った曲かな。

浮遊感あるサウンドと小出さんの泣きそうな歌が印象に残る「方舟」

僕以外間違いか 僕が間違いか 気にしたり 気にしたり くり返して

「方舟」

周りの大多数の人と、自分が違う感情を持つと、不安になるよね。

中盤の湯浅さんのギターソロがメロディアスな「The End」
「終わり」っていう言葉も、割と曖昧な定義だと思ったりする。
人間にとっての「終わり」は「死」だと思うけど、その先がどうなっているか知ってる人はいないわけで。
実は、まだその先があるような気がする。むしろ、そうあってほしい。

サビの関根さんの浮遊感あるコーラスが印象的な「スクランブル」

本当と嘘と過去と未来と表と裏がランブル

「スクランブル」

「アンビバレントダンサー」と似た世界観。
色々と交わる世界で、どう自分らしさを出していくか。

イントロの早弾きギターが聴きどころの「UNDER THE STAR LIGHT」
このスピード感で、駆け抜ければ、周りの目なんて気にならないんじゃないかな。

お待たせしました、夏い曲。「PERFECT BLUE」
「夏=boy meets girl」というイメージは、僕がベボべを聴き始めたことで植えつけられた「普通」。

10分近い大作「光蘚」
このアルバムの中でも、際立つ歌詞の重さ。

僕は這いつくばって そうだ
這いつくばって 輝くしかないから

「光蘚」

光輝くには、どれだけの犠牲が必要なのだろう?

仰々しいタイトルの一方で、爽やかなサウンドの「魔王」

いないことにされてた 僕の呪いが
君の傷を癒す お呪いになりますように

「魔王」

お呪いは「おまじない」と呼ぶ。
異端なことを歌っても、誰かのもとに響いて、それが伝染すれば、「普通」になる。
シーンに祭りあげられて、スタンダードになるんじゃなくて、
じわじわと伝染していくような形で、スタンダードを目指すという、小出さんの意思を感じる楽曲。

ラストはカントリーソング「カナリア」

帳尻あわせて 折り合いをつけつづけてさ
それでも 自分を信じられることがあるから 救われるよな

「カナリア」

自分を信じること=自分にとっての「普通」。
ところで、このアルバムの終わり方が、ボサノバ風の「気付いてほしい」で終わった、
「十七歳」との類似性を感じたんだけど、どうなんだろう。

70分を超えるアルバムだけど、様々なバリエーションの楽曲が入っていて、飽きない。
サウンド面では、いわゆる「ギターロック」というよりも、古き良き時代の「ロックンロールバンド」になったような印象。
(特に「Ghost Town」や「そんなに好きじゃなかった」のような、ギターリフが印象に残る楽曲)

ノリが第一で、ライブで盛り上げるために、BPMをどんどん速くしていくバンドが多い中で、あえて違う方向で「ロックバンドとしての音」を鳴らすという選択をする。まさに「普通」への違和感が生んだもの。

歌詞面では、かなり小出さんの感情や、主張が表現されている。
特に、「普通」への違和感、「曖昧さ」の表現、みたいなものがテーマになっていると感じる。

1stアルバムや2ndアルバムで、「青春」を歌っていたことが遠い昔のことに思う。
30歳が近くなれば、色々なことを考えてしまうものらしい。

小出さんの強い想いと、Base Ball Bearのバンドとしての成熟が、伝わる作品。
傑作アルバム「新呼吸」のあとに、これだけの濃度を持った作品を続けて出すのは相当、大変だと思う。

今後の活動が、不安になってしまうレベルの完成度。燃え尽きてしまうんじゃないか。杞憂であってほしい。
「二十九歳」というアルバムタイトルだけど、全年代に聴いてもらいたい一枚。

【収録曲】
1.何才
2.アンビバレントダンサー
3.ファンファーレがきこえる
4.Ghost Town
5.yellow
6.そんなに好きじゃなかった
7.The Cut -feat. RHYMESTER-
8.ERAい人
9.方舟
10.The End
11.スクランブル
12.UNDER THE STAR LIGHT
13.PERFECT BLUE
14.光蘚
15.魔王
16.カナリア

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする