一曲入魂

【一曲入魂】back number – 青い春

投稿日:

back numberのことを認識した楽曲。
恋愛を歌うだけではない、若者の代弁者だったんだこのバンドは。
今を生きる若者へ、「踊らされる」んじゃねえぞ、自分で「踊る」んだ。

小学校、中学校、高校、大学。整理された線路の上を走ってきた。
生じる違和感。「みんな、やってるから」、やる。
自分の意思で決めたものなのか、誰かに決められたものなのか、それすらも曖昧。

もちろん、義務教育であることは重々承知している。
ある程度の年齢までは、決められたレールを走らせることに意味はあると思う。

でも、高校入試、大学入試。さらには就職活動。
ここまで、1セットの商品。あまりにも、閉鎖的。それ以外の選択肢を無くされているかのよう。
強い同調圧力。何でも、自分で決めているようで、実は袋小路に入ってしまっている。

「羽ばたく為のステージで 這いつくばっていても」

「勉強して、良い大学に入れば、良い企業に入れて一生安泰」という価値観の浸透。
一般的に、学力というのは後天的に身に付くとされている。
だから、頑張った分だけ勉強ができるようになる。
だから、自分が頑張れば、一生安泰。

努力至上主義。ある意味、残酷な世界。
「やっても、できない」ことがあるのに。

じゃあ、努力は無意味なのか?
整理された線路の上すら歩けない人間はどうすればいいのか?

「また踊りながら 必死で生きているんだ 理想の未来なんて 用意されていない」

結局、「理想の未来」なんてものは、誰かに与えられるものではなく、自分で見つけるもの。

いま、自分が走っている線路の上だけが、正しいわけじゃない。
線路を外れたら、また別の線路に乗り換えすればいい。
自分に合った線路の上を走っていけばいい。
そこで、出来る限りの努力をすればいい。

自分に適した場所で、華麗なダンスを踊れ。

スポンサーリンク

レクタングル大

レクタングル大

-一曲入魂

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【一曲入魂】ふくろうず「ごめんね」

淡々とした音像はゆっくり流れていく日々のよう。 山ほど、溢れだす「ごめんね」というワードは、あの一言の裏返しだ。 ふくろうず、2010年発表の大名曲。 あたしたち違う人間になりたかった 「同族嫌悪」っ …

【一曲入魂】LUNKHEAD「閃光」

LUNKHEADのアルバム「メメントモリ」からの一曲、攻撃的なロックナンバー「閃光」。 新撰組「鬼の副長」土方歳三の生き様からインスパイアされ書かれた一曲。 どう生きて、どう死ぬか。この曲のように生き …

【一曲入魂】つばき – 雨音

2005年メジャーデビュー3人組ロックバンド、つばき。 彼らの最初のフルアルバム「あの日の空に踵を鳴らせ」収録、名曲「雨音」。 梅雨の時期に聴きたくなる。 めちゃくちゃ助けられた。心の中を歌ってくれて …

【一曲入魂】[Alexandros] -city

[Alexandros]という名前になる前、[Champagne]という名前だった頃。 初のシングルとして発売されたのがこの名曲。 私が彼らの中で一番好きな曲。様々な曲が発売されたが、この曲がナンバー …

【一曲入魂】フラワーカンパニーズ – 深夜高速

私の地元でもある愛知県出身の4人組バンド、フラワーカンパニーズ。 後世に残したい名曲「深夜高速」。 何度聞いても突き刺さる、詞と歌。魂の叫び。 なにがロックかなんて、未だによく分かってない。 でも確実 …

プロフィール

著者:S.S
1990年生まれ。愛知県出身。

邦楽アルバムの感想とコラム記事を中心に書き殴っていきます。
特にロキノン系といわれるジャンルを好んで聴く。

カテゴリー