ASIAN KUNG-FU GENERATION「ファンクラブ」

ファンクラブのジャケット写真
ASIAN KUNG-FU GENERATION「ファンクラブ」(2006)

2006年3月15日発売、3rdフルアルバム。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

感想

最初にこのアルバムを聴いたときは少し戸惑った。

というのも、自分は次作の「ワールド ワールド ワールド」から彼らをリアルタイムで聴き始めた。
そこから名盤と名高い「君繋ファイブエム」を聴き、最大ヒットを記録した「ソルファ」と順を追っていく。

そして出会った「ファンクラブ」という作品は「あれ、アジカンってこんな暗いバンドなんだっけ?」と当時高校生だった自分にクエスチョンマークを点らせる。

ライブで盛り上げさせることを拒否するような楽曲群が並び、初期アジカンっぽい疾走する楽曲は「ワールドアパート」「桜草」「路地裏のうさぎ」くらい。
リズムや構成を練った楽曲が多く並ぶ。

当時は気付かなかったが「ソルファ」でも同様のアプローチをした曲がいくつか収録されており、その側面をより強調させたのが「ファンクラブ」というアルバムなんだと思う。

そして、歌詞の面でも今作は以前の作品と違う雰囲気を醸し出す。
タイトルを閉鎖的な空間である「ファンクラブ」と名付けているように、内向きな歌詞が並んでいる。

ざっくり言うと、冒頭の「暗号のワルツ」からひたすら「絶望」と「諦め」を繰り返し、「センスレス」でようやく前を向くものの、最後2曲で再び内に籠もるという物語。

「暗号のワルツ」で「何もないんだよ」と歌って、ラストの「タイトロープ」で「見失った此処が始まりだよね」と歌う。

結局「何もなかった」という結末は壮絶であると思うのと同時に、これが現実なんだという感じも。
何かを手に入れれば何かを失う、そしてまた何かを手にいれようとする。

この繰り返しに、虚しさを覚えるのは分かる気がした。

「結局、何を手に入れたかったんだっけ?」みたいな空虚さ。

「音楽聴いてまで、そんな虚しい気持ち味わいたくないよ」って人も多いだろうけど、この徹底的に現実を直視する姿勢が彼らの魅力なんだと思ってます。

彼らのアルバムで一番聴くかと問われればそうではないけど、たまに聴きたくなる作品。特に真冬の夜中とか。

あと、自分はこのアルバムまでが「アジカン第一章」だと思ってます。

「ファンクラブ」以後は、特に歌詞の面で変化が見られるので。
(今作でも「ワールドアパート」「ブラックアウト」にその兆候は見受けられる)

全曲感想

1.暗号のワルツ

君繋ファイブエム「フラッシュバック」、ソルファ「振動覚」といったオープニングナンバーとは、明らかに違う。

勢いをつけるためのオープニングナンバーではなく、「今作はこういう感じのアルバムだから覚悟しとけよ」的な感じ。

無機質に繰り返されるギターフレーズは、アルバムジャケットのモノクロカラーとリンクするものを感じる。

君に伝うかな
君に伝うわけはないよな

「暗号のワルツ」

「繋がる」ことを歌い続けてきた彼らが、このように歌ったことに衝撃を受けた。
多くの曲を歌ってきて、たどり着いた答えがこれなら寂しいが・・・。

2.ワールドアパート

2曲目にシングル曲というのは、前二作と同様の流れ。

しかし、「未来の破片」や「リライト」のような派手さは無い。
というよりも、派手にすることを拒否しているような印象を受ける。

「疾走感溢れるロックチューン」なんて枠組みで語られそうなこの曲だけど、従来の彼らのそれとは違うように感じるのは、曲全体から感じる無機質な雰囲気のせいか。

9・11を思い出させるフレーズも混じる歌詞は、次曲「ブラックアウト」とリンクするものがある。
遠い国で起こった出来事に対して、想像力を働かせて考えられる人間だからこそ書ける歌詞だと思う。

3.ブラックアウト


最初に聴いたときは「妙にポップで、アルバムから浮いてるな」なんて思った、好きな曲ではあるけど。
でも、今となってはこの曲は「ファンクラブ」の核を担う楽曲なんだと理解した。

とても鋭い歌詞の曲だと思う。

ボタン一つで、切り替わるチャンネルに映し出されるのは雪原だったり、砂漠だったりする。
視覚情報として認識することは出来るが、その「寒さ」であったり「暑さ」を認識することは出来ない。

情報供給過多社会で失ったものを嘆きつつ、一方でそれに抗うことの出来ない「僕の弱さと青さ」も自覚している。
自分の無力さを歌詞に入れてしまうところが、彼らの誠実さなんだと思う。

しかしながら、この曲が携帯電話会社のCMソングだったというのは何とも皮肉だよなと。
ボタン一つで人の言葉や感情を行き交いさせることへの警鐘を鳴らした曲なのだけど・・・。

4.桜草

「ファンクラブ」以前の作品が好きな人でも、曲調的には好きになりそうな曲。あくまで、曲調的にはだけど。

詞が今作でも頭一つ抜けてるくらい内省的で、ファンクラブというアルバムを象徴する曲だと思う。
最終的に「君の名を呼ぶ」ことで、憂鬱な生活からの脱出を図るっていうのが彼ららしいなと。

「なんだ、まだ君と繋がりたいんじゃん」って思ったし、「暗号のワルツ」で上記のように歌っても、これしか方法がないと思ってる彼らの諦めの悪さが良いなと。

5.路地裏のうさぎ

感想は、前曲「桜草」と同じなので書くことがないのですが・・・。
この曲も曲調的には、かつての彼らを思い出させる疾走系ギターロック。

「路地裏」、「退屈な日々」、「錆びた」、「歪んだ」と執拗に「裏の側面」を描く歌詞も前曲と同じく内省的。

6.ブルートレイン


サウンドの聴き所は複雑なリズムを奏でるドラムでしょう。
この曲に限らずだけど、ドラムの伊地知潔はいい仕事をしている、アジカンの曲は彼のドラムがあるからこそ面白い曲になっているんだと思う。

「歪なレール上を転がる」って歌詞が彼ららしいなと、「良いんだぜ、真っ直ぐに伸びたレールの上を転がっても!」なんて声を掛けたくなるけど、それだと彼らが音楽をやる意味はないんだろうなと。
満たされた状況下で音を鳴らすというバンドではない。

あと、最初のサビ終わりは「行きたい・・・」なのに、ラストのサビ終わりでは「生きたい・・・」に変わってるところは単純にグッときました。

7.真冬のダンス

「ファンクラブ」というアルバムに内省的な曲が多いせいか、この曲がとても明るく聞こえるという。
たまに口ずさむくらいに好きな曲、歩く速度に合うテンポ感な気がする。

繋がらない
だけどいつかは繋がりたい
そんな心で

「真冬のダンス」

まあ、そういうことだよねと。
「桜草」の感想でも書いたけど、この気持ちだけは彼らが諦めることはないんだよな。執念というべき想い。

8.バタフライ

従来のアジカンと、「ファンクラブ」における彼らが上手く融合した楽曲だと思う。
勢いはあるけど、同時に憂いもあるという感じ。

「5メートルの現実感」とか「繋いでいて」とか、「君繋ファイブエム」のモチーフが散りばめられてる。

9.センスレス

しっかりと構成を練った曲だなという印象、ダンサンブルな部分があるのは「ファンクラブ」ではこの曲ぐらいか。

「ファンクラブ」というアルバムにおける位置づけとしては、「ブラックアウト」と同じく重要な楽曲だと思う。
個人的にも、今作で一番好きな曲です。

曲が始まって4分が経過するまで歌っていることは「ブラックアウト」同様、情報供給過多社会への警鐘を鳴らす。

しかし、その現状に対する無力さを歌った「ブラックアウト」とは違い、「此処で歌う」と宣言するし、「闇に灯を」と力強く訴えかける。

正直、歌詞としては飛躍していると思う。

ただ、どこかでこう歌わなければならなかった。
現実に打ちひしがれて嘆いているだけなら、何も始まらない。行動を起こす必要がある。

ミュージシャンに出来ることは「歌うこと」、ささやかな抵抗かもしれないし、それこそ「弱い魔法」かもしれない。

何曲もかけて絶望的な現実を描いてきた上で、それでも「歌うこと」を選んだ彼らの覚悟を支持したい。

10.月光

「センスレス」でわりと大団円感があるので、この曲は映画でいうエンドロールのような役割なんだと思っている。

前作でいえば「海岸通り」が好きな人は、好きなんじゃないだろうか。

問題は歌詞なんだけど、「センスレス」で光が差したのかなと思ったけど、曲名通り「月光」ということで強い光ではないという。
「最後の時が~」のくだりは、わりと悲壮感あるし・・・。

ここで前を向いた曲を歌えなかったことに、当時の彼らは相当苦しんでいたんだなと思ったりする。

11.タイトロープ

「月光」がエンドロールなら、この曲は後日談のような感じだろうか。

「最後にこれ歌っちゃうのか、救いがないな・・・」と思いました。

見失った此処が始まりだよね
そうだね

「タイトロープ」

冒頭の「暗号のワルツ」で「何もない」と歌い、最後のこの曲でこのように歌う。
ただの確認作業である、「あっ、やっぱり何もなかったんだ」という。

直視させられる現実が厳しすぎる気はしないでもない。

これがアジカンのスタンスなんだろう。
現実は現実のまま、ありのまま歪曲せずに受け止める。

そういう生真面目さに自分は惹かれているんだろうけど、このラストは中々衝撃だった。

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする