あいみょん「瞬間的シックスセンス」

瞬間的シックスセンスのジャケット写真

2019年2月13日発売、メジャー2枚目のフルアルバム。

あまり実感がない。いつの間にか、あいみょんが人気者になっていた。

タイアップに恵まれた感じもしないけど、ストリーミングでチャートの上位を独占しているのを見ると、新しい風が吹いてきたなと感じる。

そんな、あいみょんのアルバム「瞬間的シックスセンス」について。

良かった。いわゆるJ-POPが得意ではない自分でも、抵抗感なく聴けた。

力みの無い歌声と必要十分なアレンジ。無理に盛り上げたりとか、いかにも泣かせようとすることはなく、すんなり耳に入ってくる。

加えて、「満月の夜なら」、「今夜このまま」といった曲でみられるビートを意識したサウンドを聴くと、ちゃんと時代を捉えてるなと。2019年に鳴っている音楽として違和感ない。


前作「青春のエキサイトメント」との比較では、前作が「過剰性」を売りにしている感じがして引っ掛かりを覚えたんだけど、今作は自然に言葉を紡いでいる印象で聴きやすい。

「J-POPの名盤」という佇まい。この手のディスクガイドを5年後に作るなら、掲載されていてもおかしくない作品だと思う。

最後に、今後のあいみょんを見る上での個人的なポイントを備忘録として記載したい。

そのポイントは「アコギをエレキギターに持ちかえるタイミングが来るのか」ということ。

00年代以降、アコギを携えた女性シンガーソングライターで個人的に印象的な人物が2人いて、どちらもアコギを携えた実力派シンガーといった感じでデビューしていたのを覚えてる。

自分もデビュー当初は聴いていたんだけど、彼女達が”エレキギターを弾いて歌い始めた”タイミングで次第に興味を失っていった。「今度の新曲はロック調」というキャッチコピーと、エレキギターを携えたビジュアルを押し出した楽曲は恐ろしいほど自分に響かなかった。

プロデュースしている人物の「こういう疾走感溢れるロック風の感じが好きなんだろ?」みたいな思惑が透けて見える綺麗にまとめられたポップロックに、ありきたりな言葉が乗せられた応援歌を彼女達は歌い始めた。当時の自分は幻滅したのを覚えている。

あいみょんもいずれエレキギター片手に歌う日が来るのだろうか。別に来てもいいけど。リスナーに媚びたような曲にならなければ。

収録曲

1.満月の夜なら
2.マリーゴールド
3.ら、のはなし
4.二人だけの国
5.プレゼント
6.ひかりもの
7.恋をしたから
8.夢追いベンガル
9.今夜このまま
10.あした世界が終わるとしても
11.GOOD NIGHT BABY
12.from 四階の角部屋

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告大