Age Factory「GOLD」

GOLDのジャケット写真
Age Factory「GOLD」(2018)

2018年10月10日発売、2ndフルアルバム。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

感想

バンドサウンドの広がりが増したことと、多くの楽曲で意識的にコーラスを入れたことが要因になり、広い会場で映えそうなスケール感を手に入れたと思う。

「GOLD」、「WORLD IS MINE」などの今までの彼らにはなかった、みんなで歌えそうなアンセムもあれば、従来の彼らを濃縮還元したような「HUNGRY/猿」、「million」といった楽曲もあるが、個人的にはラストの「TONBO」にグッときた。

夕方の景色を鮮やかに切り取ったこの楽曲に「日本語で歌詞を書くことの良さ」を凄く感じた。このバンドにも古くから脈々と受け継がれてきた、日本語ロックの血が流れているんだなと。

収録曲全体を通して感じるのは自分達の楽曲に対する絶対的な自信で、そりゃあ「GOLD」ってアルバムタイトルをつけたくなるし、「WORLD IS MINE」って歌いたくなるのもわかるな。

バンド名通り「時代を作る」って気概を示した作品、ほんとカッコいいバンドだと思う。
(バンド名自体は漫画「ONE PIECE」から取ったそうで、「時代を作る」ってのは後付けらしいけど。)

ところで、インタビューで「紅白歌合戦に出たい」と言ってたけど、このアルバムを聴いて心底出て欲しいと思った。

で、「WORLD IS MINE」を歌い上げて欲しいなと。

年の瀬に「WORLD IS MINE」って絶叫するのを見たら、何かが変わりそうな気がするんですよね。

実現は難しいかもしれないですけど、そんな未来を期待しちゃいます。

収録曲

1.GOLD


2.See you in my dream
3.WORLD IS MINE

4.HUNGRY/猿
5.白昼夢
6.Moony

7.million

8.My green friend
9.kicks night
10.TONBO

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする