Age Factory「LOVE」


Age Factory「LOVE(2016)

スポンサーリンク
レクタングル広告大

感想

生々しい。化け物。獰猛。これらすべて、Age Factoryというバンドを表すのに使われる言葉だ。
並んでるワードだけ見ると、「どれだけ、恐ろしいバンドなんだ」と思ってしまう。

確かに、彼らのライブを観れば上記のワードを使いたくのも理解できる。
ボーカル清水エイスケのハスキーで迫力ある声、パワフルかつトリッキーなリズム隊。掻き鳴らされる轟音ギター。
彼らに興味のない人間でも、一発で耳をもってかれる程の圧巻のパフォーマンスを見せてくれる。

しかし、「LOVE」というアルバムを聴いて感じたのは、彼らが「愛」と「優しさ」に満ち溢れたバンドだということ。
狂気のような激しさの中に潜む、「愛」を感じ取った。

楽曲の話

ライブで客を笑顔にさせるようなノリの良い楽曲は一切ない。
bloodthirsty butchersとか、eastern youthに影響を受けたんであろう、オルタナ直系の轟音。
轟音だが、メロディは美しく、繊細さも内包している。まさに、エモ―ショナルなバンド。

いまの時代に、こんな骨太なロックバンドいたんだと驚かずにはいられない。

「Seventeen」、「Yellow」などの静と動を織り交ぜた楽曲や、「金木犀」、「Puke」といったリズム隊が主軸となった楽曲など、バリエーション豊か。
しかし、あくまで中心になるのは、清水エイスケの歌である。

Age Factoryというバンドにおいて、清水エイスケの歌声は第四の楽器といっていいほど存在感がある。
ちぎれるんじゃないかと思うぐらいのシャウト。まさに、咆哮。
もしかすると、嫌悪感を抱く人もいるんじゃないかと思うけど、この歌声は唯一無二。
リズム隊のパワフルなサウンドに、別の人間の歌声が乗ったら全然違う曲になってしまうだろう。
この歌声あっての、楽曲なのだ。

また、「Night Bloomer」、「Mother」といった歌をしっかり聴かせる美メロソングも彼らの魅力だ。
張り詰める緊張感の中に潜む美しさ。聴き手の本能に訴えかけてくる音楽だと思う。

歌詞の話

タイトルが「LOVE」ということだけあって、様々な「愛」について歌っている。
恋人に対する愛や、家族に対しての愛。または、変わらない風景に対する愛。もしかすると、自分に対しての愛もあるかもしれない。

最果てから
愛を込めて
最果てから
お前へ送るよ

「Puke」

とにかく自分の言葉で伝えようとしているのが分かる。
まだ、知名度の低い彼らだから多くの人に届く可能性は低い。それでも、全身全霊を込めて歌ってるし、これからも歌い続けるんだろうなと。

あと感じたのは、「生で俺らの音楽を聴いてくれ」という強い意志。

聞こえろ俺の咆哮

「疾走」

触れるものだけが
本当なのさ
確かめているよ

「Yellow」

ライブハウスを主戦場にしている彼らなだけに、こういうフレーズが出てくるのかなと。
ぜひ気になったら、ライブに足を運んで欲しい。気にいるかは分からないけど、絶対に何かを残してくれると思うから。

言葉で伝えるには限界がある

聴いた瞬間に、「凄い」ってなるのか、「苦手だ」ってなるのか別れるようなバンドだと思う。
それだけ、訴求力の強いバンドで、破壊力がある。
一度、気に入ってしまえば、ライブだとか音源だとか絶対にチェックすると思う。

いま主流のバンドとは、真逆をいく骨太で音に全身全霊をかけるバンドAge Factory。
彼らの愛が詰まったこのアルバムをぜひ聴いてほしい。

【収録曲】
1.Seventeen
2.疾走
3.Yellow
4.金木犀
5.Night Bloomer
6.Puke
7.Tours
8.Veranda
9.Mother
10.My end

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする