2020年10月に聴いた音楽③(10/19~10/23)

2020/10/19

悲しいニュースが飛び込んできた。音楽を聴く気になれない。
彼女が作った曲を、これまでと同じ気持ちで今後も聴けるだろうか。いや、無理だろうな。

彼女が作った曲で一番好きな曲を紹介させていただきます。本当に素晴らしいミュージシャンです。

2020/10/20に聴いた音楽

beabadoobee「Fake It Flowers」

2020年10月16日発売、1stフルアルバム。

フィリピン生まれロンドン育ち、20歳のシンガーソングライター。The 1975と同じレーベルに所属しているとのこと。
甘いメロディーにディストーションギター、特に新しいことをやっているわけではないけど単純に好みだ。
楽曲の節々で、ガツンと鋭いギターが入ってきて格好いい。一方で妙な緩さもあるのが心地いい。

1曲目の「Care」から心掴まれた。サビのタイトルのリフレインとともに刻まれるギターが癖になる。
決して上手いとは言えないボーカルだけど、「Charlie Brown」で聴けるシャウトは印象に残った。

2020/10/21に聴いた音楽

突然少年「心の中の怪獣たちよ」

2020年10月21日発売、2枚目のフルアルバム。

アジカンのツアーに参加すると聞き、彼らの名前を知った。
整理されてない言葉の数々をバンドサウンドに乗せて吐き出す。いわゆるロックバンドってやつ。

自らを期待されていない存在だと称し、それでも「何者」かになりたいと彷徨っている。
曲の中に「8番ライト」というフレーズが出てくるけど、彼らの立ち位置を上手く表わしたフレーズだと思う。
多分、ライブで観たら心惹かれるバンドだろうな。

2020/10/22

この日は聴けなかった。
仕事から帰ろうとしたら、トラブルが発生し残業に。
嫌なタイミングでトラブルってやってくるんですよね。勘弁してほしい。

2020/10/23に聴いた音楽

ASIAN KUNG-FU GENERATION「君繋ファイブエム」

2003年11月19日発売、1stフルアルバム。

自分の中では重要なアルバム。この記事を読んでいただければ分かってもらえると思う。
改めて聴くと彼らの作品では異質なアルバムだなと思った。
彼らのこれまでのアルバムを聴いた上で聴いてみると、ラウドなアルバムだと感じる。乱暴に言えばうるさい作品。

「無限グライダー」など後の彼らを想像させるような曲もあるけど、基本的には激しい曲が中心となっている。
この時にしか出せない音があったんだなと。技術的な意味ではなく感情的な問題で。

やはり自分にとっては原点的な作品だ。これからも聴き続けると思う。

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告大