マイベスト

2015年マイベストソングス

投稿日:2015年12月19日 更新日:

さあ、2015年の振り返り企画ということで昨年に引き続き「マイベストソングス」を発表します。
昨年度は女性ボーカルの楽曲が多くランクインしたこの企画ですが、今年は?
それでは、10位から!

10位 「アンビリーバーズ」 米津玄師

いままでの彼とは違い、エレクトロな音像。

「全て受け止めて一緒に笑おうか」

覚悟を感じさせる新たな代表曲。

9位 「Yeah! Yeah! Yeah!」 androp

androp史上、最高にキャッチ―でポップな楽曲。PVも瑞々しい。
突き抜けた感じのする彼らには来年も注目。

8位 「徹頭徹尾夜な夜なドライブ」 UNISON SQUARE GARDEN

「シュガーソングとビターステップ」も話題になった彼らだが、この曲をチョイス。
ド派手なシンセにお得意の語感重視の歌詞。中毒性MAX!

7位 「By My Side」 夜の本気ダンス

「踊れるロック」全盛の時代に真打ち登場。名の通り「本気」で踊らしにかかる。
しっかりとしたギターリフを聴けるバンドは貴重。来年はさらなる飛躍を期待。

6位 「Terminal」 04 Limited Sazabys

2015年はメロコアに復活の兆しが見えた。その立役者が「フォーリミ」。

「最低な世界のまんまじゃ許されないから」

シーンを引っ張っていく覚悟はできている。

5位 「それって、for 誰?」part.1 Base Ball Bear

SNS全盛の時代にモノ申す。小出さんのマイケルジャクソンを意識しただろう歌い方にも注目。
シーンの隙間を埋めながら、バンドサウンドの可能性を広げる稀有なバンドに成長。

4位 「ワタリドリ」 [Alexandros]


この曲で彼らを知った人も多いのではないだろうか? サビのハイトーンが嫌でも耳に残る。
一方で、「Girl A」というミクスチャー要素の強い楽曲も発表。次の展開にも注目。

3位 「雫に恋して」 indigo la end

ゲスの極み乙女。での活躍も目立った2015年だが、indigo la endも名曲を世に送り込んだ。
美しいメロディーラインと切ないギターの音色。川谷絵音、恐るべし。

2位 「fantasy」 Mr.Children

ポップザウルスといわれたミスチルが帰って来た! もはや、イントロだけで鳥肌がたつ。
様々な有名バンドと対バンをするなど動いた今年。彼らの偉大さを再認識した年となった。

1位 「新宝島」 サカナクション

正直、サカナクションに対しては良いバンドとは思っていたけどハマりきらなかった。そんな彼らを見直した一曲。
聴いてて楽しいポップソングを作れるとは。彼らが次のステージに向かうことを確信した。

いかがでしたでしょうか?
完全にミーハーなランキングになってしまった気がしますが、実際に多く聴いた楽曲達なので仕方がない。
全て男性ボーカルなのも昨年とは大きく違いますね。元々は男性ボーカルを良く聴くのでこれが通常かと。
2016年はどんな音楽が聴けるのか、いまから楽しみです。

(雑記)
来週は「2015年マイベストアルバム」を書く予定です。今年度最後の更新になるかと。
とりあえず、候補アルバムを聴きなおして順位を決定させなければ・・・。

スポンサーリンク

レクタングル大

レクタングル大

-マイベスト
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

2017年上半期ベストソングス20

年々、時間が流れるのが早くなる。気づけば、2017年も半年が過ぎようとしていた。 今年も例年ながら、たくさん音楽を聴いて、新しい音楽に出会うことができた。 半年間の振り返りとして、よく聴いた曲をランキ …

「2010年代ベストトラック(邦楽編)」を選んでみました!

(動画大量、ご注意ください) 音楽大好きクラブを運営されているぴっちさんの企画に参加させて頂きます! 内容は2010年~2014年に発表された楽曲から、各々最大30曲を選び、 2010年代のベストトラ …

2015年マイベストアルバム10

前回は曲単位の2015年マイベストをやったので、今回はアルバムをランキングしてみました。 どうしても、好きなバンドの作品が上位に出てきてしまいますが好きだから仕方がない。 では、10位からどうぞ。 1 …

「2010年代ベストトラック(邦楽編)」の結果が出たので、振り返り。

私も参加させていただきました「2010年代ベストトラック」の結果が発表されました! 結果につきましては、音楽だいすきクラブさんでご覧下さい。 こういうランキング企画は面白いですね! 結果が出るのを凄く …

2016年マイベストアルバム10

2016年最後の更新となります。今年のマイベストアルバム記事です。 今年は、ずっと一線級でやってきた人たちがちゃんと実力を発揮した年だったかなと。 もちろん、新しい人達もたくさん出てきたのだけれど、や …

プロフィール

著者:S.S
1990年生まれ。愛知県出身。

邦楽アルバムの感想とコラム記事を中心に書き殴っていきます。
特にロキノン系といわれるジャンルを好んで聴く。

カテゴリー