2015年マイベストアルバム10

前回は曲単位の2015年マイベストをやったので、今回はアルバムをランキングしてみました。
どうしても、好きなバンドの作品が上位に出てきてしまいますが好きだから仕方がない。

では、10位からどうぞ。

10.[Alexandros] 「ALXD」

9.androp 「androp」

8.KANA-BOON 「TIME」

7.LILI LIMIT 「Etudes」

レビューしていないので一文を添えて。
佇まいが若手バンドのそれではない。洗練された曲展開。練りに練られたバンドサウンド。
もっと大きな舞台で必ず見ることになるに違いないと直感させた。

6.LUNKHEAD「家」

5.米津玄師 「Bremen」

4.Mr.Children 「REFLECTION」

3.indigo la End 「幸せが溢れたら」

2.ASIAN KUNG-FU GENERATION 「Wonder Future」

1.Base Ball Bear 「C2」

今年の感想としては結局、自分はギターロックからは逃れることが出来ないんだと。
色々な音楽を聴いてみようと思い、手を出してはみたもの戻ってくるのはうるさいギターが鳴っている曲達。
その中でも、1位、2位の作品については2015年に出す必要性があったという意味でも高評価。
前者は「画一化するギターロックの可能性を広げた」、後者は「良い音を力強くただただ鳴らす」というところが、
盛り上がりつつあるバンドシーンを再度、見直すという点で良かった。

個別レビューでは書けなかったけど、LI LI LIMITのアルバムがサカナクション以後という感じが出ていて良かった。
また、indigo la End については、アルバム後に出たシングルも良くて次のアルバムが楽しみになった。
そして、ミスチルである。過去にないほどエネルギッシュに活動した彼らがリリースしたアルバムは、
バンドの状態の良さが聴いていて分かるパワフルな作品でした。

若手もベテランも良い作品を出した一年でした。
来年も、BUMP OF CHICKEN、ゲスの極み乙女。、KANA-BOON、MAN WITH A MISSIONの新作が出ることが決まっています。
これらのバンドの作品を楽しみにしつつ、新たなバンドの作品も聴いていければと思っております。
それでは、来年もよろしくお願いいたします!!

(雑記)
次点を挙げるとすれば、パスピエ「娑婆ラバ」、星野源「YELLOW DANCER」、きのこ帝国「猫とアレルギー」といった作品。
あと、WANIMA「Are You Coming?」、04 Limited Sazabys「CAVU」もメロコア勢の勢いを感じて良かった。

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告大