04 Limited Sazabys「CAVU」


04 Limited Sazabys「CAVU」(2015)

スポンサーリンク
レクタングル広告大

感想

自分の苦手とする音楽ジャンルのひとつが「メロコア」なんです。
ドタバタやたら速いドラム、畳みかける英語詞、暑苦しいステージパフォーマンス。
ライブに行ったら、楽しいんだろうなと思いつつ、日常の中では聴こうと思わない。それが自分にとっての「メロコア」。
そんな中、メロコア界期待の星として現れた彼ら。
出身が自分と同じ愛知県ということもあり、軽い気持ちで聴いてみたら、すんなりと受け入れることができた。

「Terminal」や「swim」といったポップな楽曲がまず気にいった。日本語詞というのもポイントが高い。
もちろん、メロコア直系のツーバスで攻める楽曲や英語詞の楽曲もある。
それでも、すんなり入って来たのはボーカルGENの少年のような歌声によるところが大きい。
この人懐っこい歌声は、KANA-BOONの谷口鮪に似た印象。
いかついボーカルが多いイメージのメロコア界でこの声は唯一無二の存在感。

おそらく、「メロコア大好き!」と言う人には物足りないバンドなんだろうなと。なんというか、軽いと思われそう。
ただ、自分のような「メロコア苦手だな・・・」と言う人にはオススメ。逆にこれぐらいの軽さがちょうどいい。

最低の世界のまんまじゃ
許されないから

「Terminal」

彼らには、シーンを背負っていく覚悟が出来ている。
2015/10/28にはメジャー1stシングルもリリース。今後も「視界良好」です。

(雑記)
名古屋はメロコアバンドが昔から多いらしい。自分が通ってきてなかったから全く印象に無いけれども。
唯一知ってるのは、Sandy Beach Surf Coasterというバンド。友達が好きで、車の中でめちゃくちゃ聴かされた。
いま思えば、自分のメロコアに対する苦手意識はこの経験から生まれたのかもしれない。

【収録曲】
1.days
2.Terminal
3.medley
4.fiction
5.Higher
6.swim
7.Grasshopper
8.knife
9.teleport
10.me?
11.Any
12.milk
13.Buster call

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする