フジファブリック

フジファブリック「LIFE」

投稿日:2014年10月8日 更新日:


フジファブリック「LIFE」(2014)

~生きていくとは歌い続けるということ~

フジファブリックとしては8枚目、現体制となってからは3枚目のフルアルバム。
すっかりボーカリストとして違和感なくなった山内さんのソングライティングセンスが光る作品。
テーマは「LIFE」。生活であり、生きることそのもの。
山内さんの個人的な感情が鮮やかなサウンドともに紡がれていく。

走馬灯のようにサウンドが過ぎ去っていくインスト「リバース」からアルバムはスタート。
テープの逆回転を用いている。1曲目で「リバース」その真意は一体?

穏やかなサウンドと優しい山内さんのボーカルが光る「Gum」
景色が浮かぶような切ない歌詞が特徴的。

「噛み締めることだけで僕はまだ何も変われないんだ」

タイトルを意識したような歌詞。やるせない感情がいいね。

アルバムタイトルと同名のシングル曲「LIFE」
とび跳ねる金澤さんのピアノが心地いい、軽快なポップソング。
中盤で聴けるアコギを用いたギターソロも曲とマッチしていて素晴らしい。

「ありふれたこの一瞬 僕はまた今日も探してる」

こういうのの繰り返しで日々の生活は成り立っているんだ。

ヘンテコなギターにヘンテコなキーボードが絡む「シャリー」
歌詞に往年のアーティストが出てきたり、最後で急加速したりと遊び心たっぷりの楽曲。

ミドルテンポの歌心あふれるシングル曲「ブルー」

「まとめた言葉 単純なのにな いつも上手く言えないのはなんでだろう」

人に伝えるって難しいよね。シンプルに刺さる言葉って中々思いつかない。
アルバムバージョンとなっており、アウトロが追加されている。このアウトロのギターが心の揺れを感じて良い。

カントリー調のギターストロークが鳴り響くインスト曲「F.T.79」
曲名はこの曲で使われているギターの名称。

和風で不思議な感じ漂う「祭りのまえ」
女性コーラスを重ねているんだけど、なんともサイケデリックな雰囲気を作っている。
歌詞も日本語の響きを大事にしていて、このアルバムの中でも異質な感じを受ける。

前曲とはうって変わり、ハードロック色の強い「efil」
イントロや間奏はハードなんだけど、サビは爽やかなのが面白い。
この楽曲も終盤でスピードアップする。

力強いギターリフとひねくれたメロディが彼ららしい「WIRED」
歌詞も響きを重視した言葉選びとなっており、何とも変な感じ。
ライブで盛り上がりそうな、勢いのあるギターロック。

四つ打ちのダンサンブルなリズムに乗っかる、切ない歌詞が絶妙な「フラッシュダンス」

「僕らいつもこうやって 傷つくのが怖くて 繰り返すんだ 結局 傷つけてしまうんだ」

この曲の歌詞は、ベースの加藤さんが担当。作曲はキーボードの金澤さん。
各メンバーが高い作曲、作詞スキルを持っているのもこのバンドの強み。

ロボットの気持ちを表現したミドルチューン「robologue」
機械のはずのロボットに感情が生まれていくのが切ない。

ファンキーなカッティングが印象的なダンスナンバー「バタアシParty Night」
現在のトレンドであるリスナーを踊らせるダンスチューンに対する、フジファブからの回答。
そんなにBPMが速くなくても踊らせることはできるんだ。

アコギのアルペジオに乗せてしっとり歌いあげる「sing」

「☆がいない 夜に歌う ああ それしかできないじゃないか」

彼らはなぜ生きるのか? 歌うために生きているんだろう。

切ないメロディと形がないものに対する思いが印象的な「カタチ」
目で見えないモノの代表例が「感情」だと思うけど、これが見えたらどうなんだろう。
むしろ、見えないからこそ、色々考えるし、悩む。答えが分かっている問題なんてつまらなくないですか。

アルバムのラストにピッタリの壮大なバラード曲「卒業」

「それぞれ道を歩けばいつかまた会えるだろう」

フジファブリックのこれまで歩んできた歴史を考えると感じるものはある。
別れ辛いけど、辛いと思えるほどの出会いがあったことにまず感謝しよう。

山内さんの「LIFE」について感じることが強く反映された作品。
特にラストの3曲はこのアルバムを象徴するような楽曲。「生きていく」とはどういうことかについて歌っている。
フジファブリックというバンドが生きることについて歌うのは重大な意味を持つので、
今作は彼らにとってターニングポイントとなる作品に違いない。

楽曲としてはいわゆる「歌モノ」が良い意味で目立つ印象。
正直、ここまでシンプルなポップソングが書けるとは思っていなかった。予想以上。
ただ一方で、フジファブリックのもう一つの側面である「変態性」も忘れずに表現しようとしたことがかえって、
このアルバムの統一感をなくしてしまっている気がする。個々の楽曲の完成度は高いのだけれども。

もう既に、新たなフジファブリックのスタンスはこのアルバムで確立されたのではないかと思う。
メジャーデビュー10周年を迎えたフジファブリック。2014年11月には武道館の舞台に立つ。
10周年という節目の年を迎えて、今後の更なる進化を期待しています。

① リバース
② Gum
③ LIFE


④ シャリー
⑤ ブルー (Album Version)

⑥ F.T.79
⑦ 祭りのまえ
⑧ efil
⑨ WIRED

⑩ フラッシュダンス (Album Version)

⑪ robologue
⑫ バタアシParty Night

⑬ sing
⑭ カタチ
⑮ 卒業

スポンサーリンク

レクタングル大

レクタングル大

-フジファブリック
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

フジファブリック「フジファブリック」

フジファブリック「フジファブリック」(2004) ~世界よ、これが日本の四季だ。~ 今年でメジャーデビュー10周年を迎えた、フジファブリックのメジャー1stフルアルバム。 日本に訪れる外国人旅行者に、 …

プロフィール

著者:S.S
1990年生まれ。愛知県出身。

邦楽アルバムの感想とコラム記事を中心に書き殴っていきます。
特にロキノン系といわれるジャンルを好んで聴く。

カテゴリー