ゲスの極み乙女。「両成敗」


ゲスの極み乙女。「両成敗」(2016)

スポンサーリンク
レクタングル広告大

感想

現時点において、日本で最も有名なバンドになってしまった彼ら。
CMや映画の主題歌といったヒットソングを収録したメジャー2ndフルアルバム。

前作「魅力がすごいよ」は少し物足りなさが残る作品で、慌てて作ったような印象を受けた。
一方、このアルバムは2015年における彼らの無敵感がそのままパッケージ化された力作。
彼らの特徴である「一度聴いたら忘れられないサビ+曲全体では複雑な展開および演奏」がいかんなく発揮される。

シングル曲以外で特に惹かれたのは「シリアルシンガー」、「心歌舞く」の2曲。
このアルバムの中でも美しいメロディが響く。イメージとしてはindigo la Endの楽曲に近い。
「心歌舞く」の歌詞についてはindigo la Endで歌っていても全く違和感はない。
また「シリアルシンガー」は、「大量生産」される曲や歌について皮肉めいた歌詞がいままでの彼らには無いシリアスさ。
川谷さんの書く歌詞に遊び心が減って、内面をさらした詞が増えてきたのもこのアルバムの特徴。

変わる時の波に身を任せて
4人は化けてしまった

「Mr.ゲスX」

自己紹介的な「Mr.ゲスX」歌われるフレーズの通り、大ブレイクしてしまった彼ら。
以前はそのバンド名のせいで遠ざかっていた人達も取り込み始めているのは間違いない。
そんな状況下で、17曲収録というボリュームMAXのアルバムを発売した背景には、インタビューで川谷さんが語っていたように「音楽的になめられたくない」という思いからだろう。
色モノバンドではなく、優れたポップソングを提供できる唯一無二のバンドであることを証明したかったのではないか。

ゲスの極み乙女。というバンドの存在を世間に知らしめることはできた。
では、この先の展開はどうなるのだろうか? 正直、このバンドについてはどうなるか読めない。
突然、解散しても驚かない気がする。
私からは一つだけお願い、好きなように「音楽」で遊んでほしい。「音楽」の可能性を広めてほしい。

(雑記)
「勤めるリアル」という楽曲の歌詞が、ちょうど社会人3年目の自分には響くものがある。
「すいません。」とか、自分もしょっちゅう使ってる気がしてなんか反省。

【収録曲】
1.両成敗でいいじゃない
2.続けざまの両成敗
3.ロマンスがありあまる
4.シリアルシンガー
5.勤めるリアル
6.サイデンティティ
7.オトナチック
8.id 1
9.心歌舞く
10.セルマ
11.無垢
12.無垢な季節
13.パラレルスペック (funky ver.)
14.いけないダンス
15.私以外私じゃないの
16.Mr.ゲスX
17.煙る

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする