ウカスカジー

ウカスカジ―「AMIGO」

投稿日:2014年7月2日 更新日:


ウカスカジ―「AMIGO」(2014)

~こんな楽しそうな桜井和寿は見たことない~

Mr.Childrenのフロントマンである桜井さんとラッパーのGAKU-MCで結成されたユニット。
なぜこの二人?と思う方もいるかと思いますが、共通点はサッカー大好きな点。
ワールドカップが開催される2014年に満を持して、アルバムを世に送りこんできた。
正直、期待していなかった。(僕の中で企画物は外れるイメージが強い)
しかし、想像を超えて良い。なぜなら、桜井さんが楽しそうだから。

壮大なイントロで幕あける「ウカスカアンセム」
ギターソロは布袋寅泰さんが弾いている。メロディアスなソロを聴かせる。
桜井さんの英語詞はとても新鮮。
映画のオープニングに使われそうなスケールの大きい曲。

桜井さんのポップセンスにヒップホップ要素が上手く絡んだ「mi-chi」

「この人生が好き なんか生きているって気がするんだ」

「人生が好き」って堂々と言える人がいくらいるんだろう?
僕も胸を張れるような人生にしていきたい。
そのために目の前の道を一歩ずつ歩いていこう。

盛大な管楽器の音色が幸福感をもたらす「サンシャインエブリデイ」
とんでもなくハッピーな曲。ポジティブでしかない。
ミスチルの楽曲でも、ここまで幸福感のある曲はないんじゃないかな。

ギターリフが印象的な攻撃的なナンバー「でも、手を出すな! (2014 Ver.)」
「手を出すな!」というフレーズだけで、サッカー好きだってわかるよね。

「勝てば称賛 負ければ非難 挫折も結果次第では美談」

「勝てば官軍」スポーツの世界では仕方がない。
サッカー日本代表もグループリーグを突破してればなあ。

ミスチルの楽曲っぽい「握手」
悪い曲ではないけど、このアルバムには合っていないような。
GAKU-MCのラップも浮いてる感じがしてしまう。

能天気なパーティーソング「縁 JOY AMIGO」
作曲はRIP SLYMEのDJ FUMIYA。
ヒップホップ畑の人が作った曲だけあって、GAKU-MCのラップが輝いている。
ミスチルでは絶対聴けないこういう曲は良いね。

前曲とはうって変わって落ち着いた良曲「春の歌」
ミスチルでやっても違和感のない楽曲なんだけど、ラップが良い味を出している。
桜井さんのボーカルが力強い。7分を超える大作だけど、もっと短く感じる。

サッカー日本代表応援ソングとしてお馴染み「勝利の笑みを 君と」
サポーターに歌ってほしいという思いを強く感じる。
サビの「WOW WOW」とか、試合中に歌われそうだなと思っていたら、
ギリシャ戦で歌われてて、びっくりした。ウカスカジー世界進出成功。

「高い壁だろうとも どんな敵であっても 奪いに行くんだゴールを日本!」

ゴールを「奪い」に行く姿勢が今大会の日本には足りなかった。
「自分たちのサッカー」をすれば自然とゴールが生まれるという空気があった。
ゴールは奪うものだよ。

桜井さんの弾き語り曲「My Home」

「今日は良い一日だった」

シンプルな言葉が響く。
こうやって一日を毎日終えていければいいね。

別バージョンの「手を出すな!再び(2014 Ver.)」
歌詞もサウンドも違う。こっちの方がサッカー感が強い。
個人的には、ギターサウンドが格好いい「でも、手を出すな! (2014 Ver.)」の方が好き。

本編はここまでで、残りはボーナストラック。

Special talk about「勝利の笑みを 君と」は、
「勝利の笑みを 君と」の制作秘話。結構、時間かけて出来た曲なんですね。

「勝て! ペスカドーラ町田」は、町田市のフットサルクラブを応援する歌。
町田市在住の方はぜひ。

ポジティブなメッセージにあふれた作品。
どちらかといえばネガティブな歌詞が好きな僕でも、ここまで明るく歌われると惹かれる。
やはり音楽は楽しくないと。二人が凄く楽しそうに歌っているから、こちらも楽しくなってくる。

ミスチルがあまりにも大きなバンドになりすぎて、自由に音楽を楽しむことができなくなったいま、その閉塞感から抜け出すには、4年に一度のワールドカップという力を借りるしかなかったのかもしれない。
プレッシャーや過剰な期待から離れ、肩の力を抜いて作った音楽。
そんな印象を抱いた。結局、楽しんだもん勝ちでしょ!

① ウカスカアンセム
② mi-chi
③ サンシャインエブリデイ
④ でも、手を出すな! (2014 Ver.)
⑤ 握手
⑥ 縁 JOY AMIGO
⑦ 春の歌
⑧ 勝利の笑みを 君と


⑨ My Home
⑩ 手を出すな!再び (2014 Ver.)
⑪ Special talk about「勝利の笑みを 君と」 (Bonus 1)
⑫ 勝て!ペスカドーラ町田 (Bonus 2)

スポンサーリンク

レクタングル大

レクタングル大

-ウカスカジー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

関連記事はありませんでした

プロフィール

著者:S.S
1990年生まれ。愛知県出身。

邦楽アルバムの感想とコラム記事を中心に書き殴っていきます。
特にロキノン系といわれるジャンルを好んで聴く。

カテゴリー