マイベスト

「2010年代ベストトラック(邦楽編)」の結果が出たので、振り返り。

投稿日:2014年10月26日 更新日:

私も参加させていただきました「2010年代ベストトラック」の結果が発表されました!
結果につきましては、音楽だいすきクラブさんでご覧下さい。
こういうランキング企画は面白いですね! 結果が出るのを凄く楽しみにしていました。
知らない曲もたくさん入っていたので、ぜひ聴いてみたいと思っています。
そして、私の選んだ曲の順位はいかに・・・。

以下が私の選んだ楽曲の順位です。

AKB48「恋するフォーチュンクッキー」→3位
andymori「CITY LIGHTS」→38位
androp「Voice」→ランク外
ASIAN KUNG-FU GENERATION「ソラニン」→11位
back number「青い春」→ランク外

The Birthday「なぜか今日は」→54位
BUMP OF CHICKEN「ray」→43位
FoZZtone「LOVE」→137位
GRAPEVINE「RAKUEN」→ランク外
KANA-BOON「ないものねだり」→123位

KEYTALK「fiction escape」→ランク外
LOST IN TIME「誰そ彼」→ランク外
LUNKHEAD「いきているから」→ランク外
MAN WITH A MISSION「DON’T LOSE YOURSELF」→ランク外
Mr.Children「Marshmallow day」→ランク外

N’夙川ボーイズ「物語はちと?不安定」→24位
People In The Box「旧市街」→110位
Perfume「Spring of Life」→60位
Shiggy Jr.「LISTEN TO THE MUSIC」→32位
きゃりーぱみゅぱみゅ「ファッションモンスター」→26位

クリープハイプ「オレンジ」→ランク外
ゲスの極み乙女。「キラーボール」→28位
サカナクション「ミュージック」→5位
パスピエ「とおりゃんせ」→ランク外
フジファブリック「フラッシュダンス」→ランク外

天野春子「潮騒のメモリー」→15位
岡村靖幸「愛はおしゃれじゃない」→14位
斉藤和義「やさしくなりたい」→85位
椎名林檎「NIPPON」→72位
乃木坂46「制服のマネキン」→47位

以上の結果になりました! 30曲中18曲がランクインしました。うち12曲が50位以内となりました。
個人的な感触では、思ったよりランクインしたなという印象。
テンションが上がったのは、FoZZtone「LOVE」のランクイン。
名曲だと思っていたので、評価されているのは素直に嬉しいです。

back number、GRAPEVINE、KANA-BOON、KEYTALK、ミスチル、クリープハイプ、パスピエ、フジファブリック。
上記で挙げたアーティストは別の楽曲がランクインしていました。
一方、androp、LOST IN TIME、LUNKHEAD、MAN WITH A MISSIONの楽曲はランクインしませんでした。
特に、MAN WITH A MISSIONは意外でした。6曲ノミネートされていたようなので、票が割れたのでしょう。

ランキング全体を通して見ると、5曲以上ランクインさせているアーティストが4組いるんですね。
Perfumeが8曲、サカナクションが7曲、星野源さんが6曲、きゃりーぱみゅぱみゅが6曲。
上記4組が2010年代を代表するアーティストであるのは間違いありません。

また、アイドル勢が強いですね。48グループやももクロ、他にもたくさんのアイドルの楽曲がランクイン。
乃木坂46の曲が50位以内に2曲ランクイン。
2曲とも良い曲なので、ランクインするかもとは思っていましたが、ここまでとは。

あと、私も好きなBase Ball Bearの「short hair」が49位にランクイン。
正直、こういうランキングものには弱いバンドだと思っていたので、嬉しい限り。
PVに出演してる、本田翼さんの効果もあったりするのかな?

ランキングに入っている200曲のなかには、知らない曲がたくさんあって、これから聴くのが楽しみです。
既に、全然聴いてこなかった人達で何組かいいなと思ったのがあったので、そのうち感想を書くかもしれません。
そして最後に、集計された音楽だいすきクラブのぴっちさん、本当におつかれさまでした!

スポンサーリンク

レクタングル大

レクタングル大

-マイベスト
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

2015年マイベストアルバム10

前回は曲単位の2015年マイベストをやったので、今回はアルバムをランキングしてみました。 どうしても、好きなバンドの作品が上位に出てきてしまいますが好きだから仕方がない。 では、10位からどうぞ。 1 …

2017年上半期ベストソングス20

年々、時間が流れるのが早くなる。気づけば、2017年も半年が過ぎようとしていた。 今年も例年ながら、たくさん音楽を聴いて、新しい音楽に出会うことができた。 半年間の振り返りとして、よく聴いた曲をランキ …

2015年マイベストソングス

さあ、2015年の振り返り企画ということで昨年に引き続き「マイベストソングス」を発表します。 昨年度は女性ボーカルの楽曲が多くランクインしたこの企画ですが、今年は? それでは、10位から! 10位 「 …

2016年マイベストソングス10

2016年も残りわずかということで、今年のベストソングをランキング形式で公開します。 色んなことがあった2016年ですが、良い音楽は年を問わず生まれ、歌い継がれていくもの。 「ああ、この年はこの曲良く …

2016年マイベストアルバム10

2016年最後の更新となります。今年のマイベストアルバム記事です。 今年は、ずっと一線級でやってきた人たちがちゃんと実力を発揮した年だったかなと。 もちろん、新しい人達もたくさん出てきたのだけれど、や …

プロフィール

著者:S.S
1990年生まれ。愛知県出身。

邦楽アルバムの感想とコラム記事を中心に書き殴っていきます。
特にロキノン系といわれるジャンルを好んで聴く。

カテゴリー