特集記事

「雨の日こそ、音楽を聴こう!」~僕が雨の日に聴きたい5曲~

投稿日:2014年6月4日 更新日:

今回は、アルバムレビューから離れて、久しぶりに特集記事です。

六月になりました。梅雨の時期です。
あまり、気分が乗る季節ではないと思います。雨が降るだけで、落ち込んでしまう人もいるかもしれません。
しかし、私はこの季節を乗り越える術を持っています。
雨の日には、雨の曲を聴けばいいのです。

そんなわけで、今回、紹介する5曲はいずれも雨をテーマにした曲です。
ぜひ、雨に打たれながら、聴いてください。

①「雨音」 つばき

愛媛出身の3人組バンド、『つばき』の楽曲です。
シンプルなバンドサウンドと、胸に響く歌詞が特徴。

「ふと見た時計は 止まったままだった まあいいさ夜は明けるし雨は止むんだろう」

止まない雨はないのだから、僕らは淡々と日々を過ごしていく。

②「スロウレイン」 ACIDMAN
圧倒的なライブパフォーマンスに定評がある、ACIDMAN の楽曲。

「その世界の雨は透明で その未来の果てを祈っている」

雨が降らないと、動物は生きていけない。そういう意味では、未来を繋ぐのが、雨の役割と思ったりする。

③「ばらの花」 くるり
2001年に発売された、くるりの中でも屈指の名曲。

「雨降りの朝で今日も会えないや」

とりあえず、そんな朝は、ジンジャーエールを飲み干せばいいと思うよ。

④「雷雨決行」 ザ・クロマニヨンズ
元、THE BLUE HEARTSの「あの二人」を中心に結成された、4人組バンドの楽曲。
純粋な雨の歌とは言えないけど、この歌詞にいつも励まされる。

「合言葉は雷雨決行 嵐に船を出す」

⑤「迷子犬と雨のビート」 ASIAN KUNG-FU GENERATION
最後は、アジカンが2010年に、発売した楽曲。

「夜の街角の 土砂降りになって震える迷子犬も きっとはにかんで笑う そんな日を思って 日々を行こう」

何度も言うけれど、雨はいつか止みます。
人生も同じように、土砂降りの日があれば、快晴の日もある。
前向きな気持ちで、生きていこう、と思わせてくれる曲。

 

いかがでしたでしょうか?
雨で外に出るのが嫌だな、と思ったら、家でじっくり音楽を聴いてみるのをオススメします。
梅雨の時期を超えれば、暑い、熱い、夏がやってきます。
それまで、雨の曲を聴いて、未だ見ぬ夏に想いを馳せてみては。

スポンサーリンク

レクタングル大

レクタングル大

-特集記事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【コラム】ライブでの客に対する煽りについて考えてみた

ライブに行くと、ボーカルの人が盛り上げるために色々と叫ぶじゃないですか。 あれって、かなりテンプレート化されてると思うんですよ。 これ言っとけば盛り上がるでしょみたいな感じが出てて、違和感を常に感じる …

【コラム】サビの始めに、タイトルがくる曲の名曲率の高さについて

楽曲において、大事な部分はどこか? 答えは様々だろうが、「売れる音楽」ということで考えれば、サビは第一候補に挙がってくる。 CMで流れてくる曲で、イントロ部分が使われている曲を聴いたことがあるだろうか …

24歳になったので、あのミュージシャンが24歳の頃どうしていたか調べてみる

凄く個人的な話ですが、7月27日は僕の誕生日です。今年で、24歳になりました。 7月27日生まれの有名人を何人か挙げてみると、 プロ野球阪神タイガース所属の西岡剛選手。 ニューヨークヤンキース所属の「 …

フェスシーズン到来ということで、お祭りソングを集めてみた

いよいよ、本格的に夏がやってきましたね。 私達みたいな、邦楽ロック好きにとっては夏といえばあれですよね。 夏といえばフェスですよね。 8月になれば、各地でフェスが熱い盛り上がりをみせるでしょう。 私は …

私がアルバム発売を心待ちにしているアーティスト5組

早速ですが、好きなアーティストのアルバムが発売されるというニュースが入ってくると、めちゃくちゃテンション上がりません? 私なんかは、「アルバムの発売決定の一報→収録曲判明→ジャケット写真公開」と各段階 …

プロフィール

著者:S.S
1990年生まれ。愛知県出身。

邦楽アルバムの感想とコラム記事を中心に書き殴っていきます。
特にロキノン系といわれるジャンルを好んで聴く。

カテゴリー