特集記事

「雨の日こそ、音楽を聴こう!」~僕が雨の日に聴きたい5曲~

投稿日:2014年6月4日 更新日:

今回は、アルバムレビューから離れて、久しぶりに特集記事です。

六月になりました。梅雨の時期です。
あまり、気分が乗る季節ではないと思います。雨が降るだけで、落ち込んでしまう人もいるかもしれません。
しかし、私はこの季節を乗り越える術を持っています。
雨の日には、雨の曲を聴けばいいのです。

そんなわけで、今回、紹介する5曲はいずれも雨をテーマにした曲です。
ぜひ、雨に打たれながら、聴いてください。

①「雨音」 つばき

愛媛出身の3人組バンド、『つばき』の楽曲です。
シンプルなバンドサウンドと、胸に響く歌詞が特徴。

「ふと見た時計は 止まったままだった まあいいさ夜は明けるし雨は止むんだろう」

止まない雨はないのだから、僕らは淡々と日々を過ごしていく。

②「スロウレイン」 ACIDMAN
圧倒的なライブパフォーマンスに定評がある、ACIDMAN の楽曲。

「その世界の雨は透明で その未来の果てを祈っている」

雨が降らないと、動物は生きていけない。そういう意味では、未来を繋ぐのが、雨の役割と思ったりする。

③「ばらの花」 くるり
2001年に発売された、くるりの中でも屈指の名曲。

「雨降りの朝で今日も会えないや」

とりあえず、そんな朝は、ジンジャーエールを飲み干せばいいと思うよ。

④「雷雨決行」 ザ・クロマニヨンズ
元、THE BLUE HEARTSの「あの二人」を中心に結成された、4人組バンドの楽曲。
純粋な雨の歌とは言えないけど、この歌詞にいつも励まされる。

「合言葉は雷雨決行 嵐に船を出す」

⑤「迷子犬と雨のビート」 ASIAN KUNG-FU GENERATION
最後は、アジカンが2010年に、発売した楽曲。

「夜の街角の 土砂降りになって震える迷子犬も きっとはにかんで笑う そんな日を思って 日々を行こう」

何度も言うけれど、雨はいつか止みます。
人生も同じように、土砂降りの日があれば、快晴の日もある。
前向きな気持ちで、生きていこう、と思わせてくれる曲。

 

いかがでしたでしょうか?
雨で外に出るのが嫌だな、と思ったら、家でじっくり音楽を聴いてみるのをオススメします。
梅雨の時期を超えれば、暑い、熱い、夏がやってきます。
それまで、雨の曲を聴いて、未だ見ぬ夏に想いを馳せてみては。

スポンサーリンク

レクタングル大

レクタングル大

-特集記事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

邦ロック好きが選ぶ、イントロがかっこいい20曲

「第一印象は5秒で決まる」 と誰が言ったかは知らないけど、楽曲における第一印象=イントロは重要性を増している。 最大の原因は、YouTubeの存在。 次々と別の曲に飛んで行ける化け物動画サイトで、たく …

フェスシーズン到来ということで、お祭りソングを集めてみた

いよいよ、本格的に夏がやってきましたね。 私達みたいな、邦楽ロック好きにとっては夏といえばあれですよね。 夏といえばフェスですよね。 8月になれば、各地でフェスが熱い盛り上がりをみせるでしょう。 私は …

2014年現在 ギターロック界隈で流行っている「四つ打ち」について書いてみました。

最近、四つ打ちの曲ばかり聴いている気がします。 聴きすぎて、エイトビートがどんなリズムなのか忘れそうになるほどです。 四つ打ちが若手ギターロックバンドで多用され始めたのはここ数年の傾向だと思います。 …

【コラム】フェスのノリでカラオケに行くと痛い目みるよって話する

私みたいな日本のバンドが好きで、フェスによく行く人間ならカラオケでもバンドの曲歌いたいじゃないですか。 例えば、友達とのカラオケや職場でのカラオケ・・・。 それで、実際歌ってみて数々の挫折を繰り返して …

日本3大「テレキャスター」がタイトルの曲

エレキギターの種類は、めちゃくちゃたくさんある。 有名どころだと、レスポールとか、ストラトキャスターとか。 中でも、人気があるのが「テレキャスター」というギター。 こんな形をしたギターのことだ。 サウ …

プロフィール

著者:S.S
1990年生まれ。愛知県出身。

邦楽アルバムの感想とコラム記事を中心に書き殴っていきます。
特にロキノン系といわれるジャンルを好んで聴く。

カテゴリー